Record China

ヘッドライン:

訪日の韓国国会議長、日本の雰囲気を「春が来ても春らしくない」と表現

配信日時:2019年11月7日(木) 10時40分
拡大
6日、韓国・聯合ニュースによると、韓国の文喜相国会議長は「日韓の対立打開に向け、文在寅大統領と安倍晋三首相が首脳会談を行い、新たな関係を開くべきだ」との考えを示した。写真は東京。

2019年11月6日、韓国・聯合ニュースによると、韓国の文喜相(ムン・ヒサン)国会議長は「日韓の対立打開に向け、文在寅(ムン・ジェイン)大統領と安倍晋三首相が首脳会談を行い、新たな関係を開くべきだ」との考えを示した。

記事によると、日本を訪問した文議長はこの日、都内で韓国メディアとの懇談会を開催。日韓が首脳会談を行い「日韓請求権協定と日韓共同宣言の再確認」「日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)と日本の輸出管理優遇対象国『グループA(ホワイト国)』の一括復元」「徴用工問題の立法による解決」の3つを宣言すべきだと提案した。

文議長は4日に東京で開かれた20カ国・地域(G20)国会議長会議に出席するため訪日した。日韓議員連盟の河村建夫幹事長、自民党の二階俊博幹事長らとも会っている。この懇談会では日本の学界、政界、言論界の人物約10人と会ったと話し、日韓関係をめぐる日本の雰囲気について「春来不似春(春が来ても春らしくない)」と表現。「関係改善の必要性は否定しない雰囲気だが、まだ冷たい空気が感じられた」と説明したという。

また5日には早稲田大学で講演し、韓国の元徴用工への賠償問題の解決策として「日韓企業、両国国民の自発的な寄付で基金を設立する『1+1+アルファ』案」を提示。慰安婦問題をめぐる2015年の日韓合意に基づき日本政府が拠出した10億円のうち、残金の60億ウォン(約5億6400万円)について「この基金に投入すべきだ」とし、「日本政府の拠出金の残金と、韓国政府の財団運営経費を基金に投入する形で両国政府が参与できる」と説明したという。

こうした提案は「日本だけでなく韓国の元徴用工からも同意を得る必要があり、容易ではない課題だ」と記事は指摘している。ただ、文議長は「提案したということが重要だ」「100%歓迎されなくても、解決への糸口を見いだそうという意味で提案した」とコメントしている。また「日韓は向かい合った機関車のよう。このままでは引き返せない道を進むことになるので、この状態を放置できない」「(日韓)両方から悪く言われても、すべきことはしようという思いで提案した」とも話したという。

今回の訪日について、文議長は「日本に行くべきではないという意見もあった」と明かした。また「期待以上の歓待を受けることはなかった」としながらも「完璧な警護、心憎いほどの礼儀作法をありがたく思う」「成功とまでは言えないが、悪くはなかった」と評価したという。

この記事に、韓国のネットユーザーからは「国民は一生懸命不買運動をしているのに、政府と国会は国民の士気をへし折るようなまねばかりしている」「文在寅が韓国大統領だということが恥ずかしい」「青瓦台(チョンワデ、韓国大統領府)が文議長を動かしているに決まってる。国民を日本ボイコットであおっておきながら、韓国企業、韓国国民から集めたお金で日本の過ちを処理しようとする文政権」「自分たちの政治生命のために日本を攻撃し、愚かな国民に反日をあおり、今になってペコペコするのか?何がやりたいんだ一体」「尻尾を巻いて逃げるのか。戦争を仕掛けたなら最後まで貫けば?」など、政権批判のコメントが殺到している。

また「日本に遺憾を表明させ、10億円受け取って補償した慰安婦合意は、本当に偉大なものだったんだな。朴槿恵(パク・クネ前大統領)政権の時、慰安婦合意を非難していたのに、今のこのありさまときたら…」「朴前大統領がやろうとしたことを否定して大騒ぎしたのに、今になって何なんだ」「結局、国益のためには朴前大統領が一番よくやっていたということが証明された」など、前政権を称賛する声も見られた。(翻訳・編集/麻江)

【新型肺炎】
リアルタイムで世界の患者数を確認する

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング