Record China

ヘッドライン:

長沙の人気レストランがレッドドット・デザイン賞の最高賞を受賞

配信日時:2019年11月7日(木) 11時0分
拡大
国際的デザイン賞である2019年レッドドット・デザイン賞の授賞式がこのほど、ドイツのコンツェルトハウス・ベルリンで開催され、湖南省長沙市の有名レストラン「文和友」が最高賞のベスト・オブ・ザ・ベスト(RedDot:BestoftheBest)を受賞した。
(1/3枚)

国際的デザイン賞である2019年レッドドット・デザイン賞の授賞式がこのほど、ドイツのコンツェルトハウス・ベルリンで開催され、湖南省長沙市の有名レストラン「文和友」が最高賞のベスト・オブ・ザ・ベスト(RedDot:BestoftheBest)を受賞した。中国新聞網が報じた。

その他の写真

1955年に創設された国際的なデザイン賞のレッドドット・デザイン賞は、iFデザイン賞などと並んで世界三大デザイン賞の一つに数えられている。今年は世界38カ国のデザイナー数千人から約8600件の応募があった。

中国の大手サイトで大きな話題となっている文和友(長沙海信広場店)の店内では、色合いがまだらな青いレンガの壁、長沙市内に昔あった散髪屋、隣近所の人が集まる場所にあった石のテーブルや椅子などが再現されている。建物は7階建てで、敷地面積は2万平方メートル。店内には、エビ釣りができる池や養豚場、宝くじ店、ビリヤード場、本屋、写真館、散髪屋などがリアルに再現され、さらにゴンドラまで設置されていて、レトロな長沙の街並みを楽しんだり、普段はなかなか触れることができない街の通りでの遊びを楽しんだりすることができる。文和友に行くと、1980年代にタイムスリップしたような雰囲気に浸ることができる。

食文化を通して、一人でも多くの人に中国各都市の庶民的な文化や生活を知ってもらうことで、「商業+文化+アート」という独特な飲食スタイルを作り上げるというのが、文和友のコンセプトだ。今年の国慶節(建国記念日、10月1日)に合わせた7連休中、文和友には長蛇の列ができ、レストランが順番待ちの客に出した番号札は1日に2万を超えた。文和友は長沙市を代表するグルメブランドとなり、国内外から来た観光客の間で「絶対に行っておきたい場所」になっている。このようなビジネススタイルが多くの人の心をつかんでいることは明らかだ。

今回レッドドット・デザイン賞を受賞した意義はさらに大きく、文和友が世界に認められたことを示している。しかし、文和友の関係者はおごることなく、「これからも、庶民の文化や食文化を中心に、長沙発の文化的シンボルを作り上げ、世界の人々に飾らない中国を見てもらいたい」としている。(編集KN)

※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング