<コラム>「レノンの壁」で花開くサブカル・アート

配信日時:2019年11月7日(木) 20時20分
<コラム>「レノンの壁」で花開くサブカル・アート
画像ID  1139383
「逃亡犯条例改正案」に端を発した大規模抗議デモが6月から続いている香港。過激なデモ隊の破壊活動に焦点が当てられがちだが、注目したいのが街の至るところに出現した「レノンの壁」で繰り広げられている、新たな香港の世界だ。
「逃亡犯条例改正案」に端を発した大規模抗議デモが6月から続いている香港。過激なデモ隊の破壊活動に焦点が当てられがちだが、注目したいのが街の至るところに出現した「連儂牆(レノンの壁)」で繰り広げられている、新たな香港の世界だ。

その他の写真

「連儂」はレノンの広東語読みで、ジョン・レノンを指す。「牆」は壁を意味する。「レノンの壁」は1980年代に共産主義体制にあったチェコスロバキアで、若者たちがレノンの死をしのんで哀悼の意を記した壁のこと。当時の政府への反対と自由のシンボルと言われている。

その「レノンの壁」の香港版が、今回のデモ活動で圧倒的な存在感を発揮している。最初に香港で出現したのは2014年。普通選挙の実現を求めて若者らが道路を占拠した「雨傘運動」の時だ。香港政府の本庁舎があり、最大の占拠場所となった香港島・金鐘の一角に、市民が民主化を訴えるメッセージを書いて貼りつけた。ただの地味な壁は、想いが込められたカラフルな壁に変わった。

今回は、エリアの広がりだけでなく、地下道や歩道橋の壁、路上の柱など、ちょっとした空間が「レノンの壁」と化した。地面や天井さえ“壁”扱いだ。

最初の頃は、付箋とペンが常備されていて、市民が通りがかりに想いをつづった。「雨傘」の時のように、書いて貼ったり、読んだりすることで一体感を感じていたのだろう。しかし、一方でこれを目障りに思う市民が、せっせと付箋を剥がしにかかる。

剥がされたら新たに貼る。貼られたらまた剥がす、というイタチゴッコが続く中で、主流は、剥がれやすい付箋から、糊付けされたA4サイズのポスターやイラスト付きメッセージなどに変わっていった。巨大ポスターも登場し、個人の想いを寄せていた壁は、風刺やユーモアに富んだメッセージ性の強い、より普遍的な表現の場となっていった。その内容や完成度は、もはや“サブカルチャーの作品”の域。芸術性の高いポスターや笑いを誘う作品の前では、通りがかりの市民が熱心に写真を撮るほどだ。頻繁に剥がされるので、作品はどんどん更新されるし、最新のデモの予定表を貼り付けて参加を呼びかける情報発信基地にもなっている。

かつて香港人にこれほどの絵心はなかった。私が知る40代の香港人たちは、絵を描くことが大の苦手で、必要な時は本を見て模写していた。何事も早さや効率を優先し、コピー文化が横行していたからだと思うが、今の香港の若者は独創的で発想も表現も豊かだと実感する。絵もうまい。「レノンの壁」は、香港への愛、政府への要求や抗議、デモ情報などが詰まっていて、市民の心の叫びが迫って来る迫力がある。そしてそこには、次はどの壁を観に行こうかと思わせるアートの世界も広がっている。(了)

■筆者プロフィール:野上和月
1963年生まれ。1995年から香港在住。日本で産業経済紙記者。香港で在港邦人向け出版社の副編集長を経て、金融機関に勤務。1987年に中国と香港を旅行し、西洋文化と中国文化が共存する香港の魅力に取りつかれ、中国返還を見つめたくて来港した。新聞や雑誌などに、香港に関するコラムを執筆。読売新聞の衛星版(アジア圏向け紙面)では約20年間、写真付きコラムを掲載した。
※掲載している内容はコラムニスト個人の見解であり、弊社の立場や意見を代表するものではありません。
【レコチャコンサル】
あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら
最新ニュースはこちら

SNS話題記事