Record China

ヘッドライン:

インドはなぜRCEPを拒んだのか―中国人専門家

配信日時:2019年11月6日(水) 14時50分
拡大
5日、界面は、インドが東アジア地域包括的経済連携(RCEP)交渉から離脱したことについて、中国の専門家による見解を紹介する記事を掲載した。資料写真。

2019年11月5日、界面は、インドが東アジア地域包括的経済連携(RCEP)交渉から離脱したことについての、中国の専門家による見解を紹介する記事を掲載した。

記事は、4日にタイ・バンコクで開かれた第3回RCEP首脳会議後の共同声明で、インドを除く参加15カ国が来年の署名に向け、合意文書についての交渉を終了したことが発表されたと紹介。一方で、インドは交渉離脱の意向を示し、モディ首相が「インドは広い地域の一体化、自由な貿易を主張する。しかし、私の良心が、RCEPへの参加を許さない」と発言したことを伝えている。

そのうえで、雲南省社会科学院インド研究所の毛克疾(マオ・カージー)特任研究員が「インドの決定は国益に沿ったもの。インドの歪んだ産業構造やガバナンスレベルでは、経済の対外開放によって改革を促すことはできないからだ」と評し、現状でインドが各国と自由貿易協定を結んだ場合、関税の削減によって貿易赤字が大きく膨らむリスクがあると指摘したことを紹介した。

また、先日インドの2州で行われた選挙では、与党の基盤が都市に集中していることが明らかになり、国内の雇用や産業の発展を揺るがしかねないRCEPへの加入を避けるというのが、モディ首相率いる与党にとって最大のリスクコントロールであるとの見方を示したとしている。

記事は、インドが加盟を見送ったとしてもRCEPは依然として世界最大規模の自由貿易圏になる見込みだとする一方で、事実上RCEPの初期メンバーの身分を捨て、東アジアの産業分業体制への融合のチャンスを失ったインドは「本来自分たちが占有できたはずの産業チェーン上の地位を、東南アジア諸国に一層奪われることになるだろう」と伝えた。(翻訳・編集/川尻

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

中国は5年後も世界経済成長の最大のエンジン、米国はインドに抜かれる―中国メディア

21日、中国メディアの新浪財経は、「中国は5年後も、世界経済成長の最大の貢献者であり続ける一方で、米国はインドに追い抜かれるとする最新の研究結果が発表された」と報じた。写真は世界最大規模の無人自動化ふ頭、上海洋山深水港。

Record China
2019年10月22日 7時30分
続きを読む

ランキング