Record China

ヘッドライン:

<直言!世界と日本の未来>「教育の機会均等」に反する文科相発言は言語道断=大学入試英語テストの民間会社丸投げが破綻―立石信雄オムロン元会長

配信日時:2019年11月3日(日) 9時0分
拡大
来年度から大学入学共通テストで予定していた英語の民間試験活用について、文部科学省が延期を決めた。経済状況や住む場所によって受験機会に格差が生じる懸念があるためというが、最初から民間会社・団体に委ねるという発想そのものが破綻していたといわざるを得ない。

来年度から大学入学共通テストで予定していた英語の民間試験活用について、文部科学省が延期を決めた。経済状況や住む場所によって受験機会に格差が生じる懸念があるためというが、最初から民間会社・団体に委ねるという発想そのものが破綻していたといわざるを得ない。

私は中学、高校とも英語が大好きだった。学校の授業に熱心に取り組み、英語力を高めるのに特別の塾や予備校に通う必要はなかった。大学は英文科を選択。就職してからの海外営業などに役に立った。

英語会話力が必要なことはわかるが、大学入学試験で英語をうまく話せるか受験生全員にテストする必要があるのか。現行の大学入学共通テストの全国共通ヒヤリングで足りるのではないか。

英語の民間試験や記述式問題の導入を柱とする国主導の大学入試改革について、民間試験の受験料は高額で、受験できる都市も全国で15カ所に限定され、経済状況や住む場所によって受験機会に格差が生じる懸念が指摘されていたようだ。にもかかわらず、文部科学省は当事者である大学や高校の専門家や受験生の意向を聞き入れず強行突破を目指していたという。

延期に追い込まれたのは、「身の丈に合わせて勝負してもらえれば」と受験機会の格差を認めるかような萩生田文科大臣の発言がきっかけとか。貧富の格差を是認し、「教育の機会均等」理念を危うくする軽率な発言は言語道断である。

大学入試は個々の大学が自らの責任で行うもので、高い専門知識が必要だ。にもかかわらず、文科省は現場の声を軽んじた「制度設計」に走った。もともと選抜試験を想定していない、性格の異なる英語の民間試験を一律に大学入試に使うことが果たして妥当なのか。

一度貧困に陥ると抜け出せず、格差は受け継がれて固定する。変えられるのは教育の力だけだ。「改革」の名のもとに民間営利企業・団体にテストを丸投げし、格差を反映させる仕組みを持ち込みもうとした文科省の責任は大きい。

<直言篇102>

■筆者プロフィール:立石信雄
1959年立石電機販売に入社。1965年立石電機(現オムロン株式会社)取締役。1995年代表取締役会長。2003年相談役。 日本経団連・国際労働委員長、海外事業活動関連協議会(CBCC)会長など歴任。SAM「The Taylor Key Award」受賞。同志社大名誉文化博士。中国・北京大、南開大、上海交通大、復旦大などの顧問教授や顧問を務めている。SAM(日本経営近代化協会)名誉会長。エッセイスト。

※掲載している内容はコラムニスト個人の見解であり、弊社の立場や意見を代表するものではありません。
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

<羅針盤>東京五輪マラソンの札幌開催は、選手の健康を優先した「次善の策」―立石信雄オムロン元会長

国際オリンピック委員会(IOC)が暑さ対策を理由に東京五輪のマラソン、競歩のコースを札幌に移す案を発表した。長い間準備してきた関係者には反発や戸惑いがあるだろうが優先すべきは選手の健康と観客の安全であり、妥当な「次善の策」だと思う。

立石信雄
2019年10月20日 7時30分
続きを読む

<直言!世界と日本の未来>吉野さんのノーベル化学賞決定が教えるもの=民間企業が主導した「リチウム電池開発」―立石信雄オムロン元会長

今年のノーベル化学賞がリチウムイオン電池を開発した旭化成の吉野彰名誉フェローに贈られることが決まった。リチウムイオン電池が高く評価されたという。地道な研究が栄誉につながったものと拍手喝采したい。

立石信雄
2019年10月13日 7時0分
続きを読む

<直言!日本と世界の未来>中国人民解放軍と自衛隊の交流に感慨=東アジアの平和に貢献―立石信雄オムロン元会長

今年9月に来日した中国人民解放軍佐官級訪日団24人を自衛隊中堅幹部30人が歓迎、交流したというニュースに、心温まる思いを抱いた。防衛当局者同士の歓談の輪が広がったという。東アジアの安定と平和へ寄与することを願ってやまない。写真は同交流会(9月19日)。

立石信雄
2019年10月6日 5時20分
続きを読む

<直言!日本と世界の未来>中国建国70周年、発展の原動力は「教育」にあり―立石信雄オムロン元会長

建国70周年を迎えた中国の発展には国民の教育熱の高さが大きく寄与していると思う。私はかつて毎年のように、中国の大学で講演を行ってきたが、当時強く感じたのは、中国人の高い学習意欲と教育に対する情熱だった。写真は東京で開催された記念祝賀会。

立石信雄
2019年9月29日 9時0分
続きを読む

ランキング