Record China

ヘッドライン:

「ワンピース」はなぜ20年経った今でも人気なのか―中国メディア

配信日時:2019年11月3日(日) 16時50分
拡大
アニメシリーズ「ONE PIECE」の放送20周年を記念した「劇場版ONE PIECE STAMPEDE」が中国でも好調な興行収益を上げている。これを受け、中国メディア・中国経済網は1日、「ワンピース」の人気の理由について説明する記事を掲載した。

尾田荣一郎氏原作のアニメシリーズ「ONE PIECE(ワンピース)」の放送20周年を記念した「劇場版ONE PIECE STAMPEDE(ワンピース・スタンピード)」が中国でも先月18日から上映され、好調な興行収益を上げている。これを受け、中国メディア・中国経済網は1日、「ワンピース」の人気の理由について説明する記事を掲載した。

上映15日目となる11月1日の午後4時の時点で、中国の映画情報サイト「猫眼」では同映画の興行収入は1億9900万元(約30億5200万円)となっている。また、同じく映画情報サイトの「豆瓣」(douban)の口コミ評価では10点満点中7.8点となっている。

記事は「ワンピース」について、「原作は1997年から『週刊少年ジャンプ』で連載が始まった。今でも連載が続いていることから、しばしば“国民的漫画”と称される。国民的であるとされる漫画にはほかにも『NARUTO(ナルト)』や『ドラゴンボール』などがあるが、『ワンピース』の発行部数は圧倒的に他作品を上回っている」などと紹介。2015年には同作が「最も多く発行された単一作家によるコミックシリーズ」としてギネス記録に認定されたことにも言及した。

続いて、「ワンピース」の熱狂的なファンだという王(ワン)さんのコメントを紹介。記事によると、王さんは「熱血的な題材の漫画はどの時代でも人気だが、『熱血漫画』はしばしば作品後半になって勢いを失ってしまう」と指摘。しかし、「ワンピース」については「完成した世界観を持っており、ただのストーリーだけでなく豊かで色鮮やかな一つの世界を描き出しているため、いつになってもそのすばらしさは衰えない」と語ったという。

王さんはまた、「多くの人がストーリーの中に自分の理想の姿を見つけ出すことができるという点で、ある意味『ワンピース』は誰もが持つ冒険への尽きせぬ思いを実現したとも言える」とコメント。「多くの人は『ワンピース』を見て育っており、『ワンピース』が彼らの一部となっていると言っても過言ではない」とも語ったという。(翻訳・編集/岩谷)

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

中国映画評価サイトのアニメランキングで「千と千尋の神隠し」を抑えて1位になっている日本の作品とは?

21日に中国で劇場公開が始まったスタジオジブリのアニメーション映画「千と千尋の神隠し」が好調な滑り出しを見せる中、中国の映画評価サイトで同作を上回る評価を獲得しているアニメ映画がある。写真は「千と千尋の神隠し」のチケット。

Record China
2019年6月26日 12時10分
続きを読む

ランキング