Record China

ヘッドライン:

外国人が大絶賛した中国のあるサービス、中国ネットでは疑問の声も

配信日時:2019年11月5日(火) 11時0分
拡大
31日、中国版ツイッター・微博上で、中国のあるサービスを利用した外国人の経験談と外国人ネットユーザーの称賛コメントが注目を集めた。資料写真。

2019年10月31日、中国版ツイッター・微博(ウェイボー)上で、中国のあるサービスを利用した外国人の経験談と外国人ネットユーザーの称賛コメントが注目を集めた。

微博の複数アカウントが31日に紹介したところによると、上海在住の外国人だという人物が「夜中に腹を下して苦しんでいたら、中国人の友人がスマホアプリで薬が買えてしかも昼夜問わず届けてくれると教えてくれた。実際に友人を介して頼んでみたら、30分足らずで薬を届けてくれた。素晴らしいサービスだ」とSNS上に書き込んだ。

この書き込みに対し、他の外国人ネットユーザーは「私のところは風邪薬を注文したら10日後に届いた。もう風邪は治ったよ」「中国のデリバリーは本当にスピーディーで、配達員のサービスも素晴らしい」「中国ではもはやデリバリーできないものはないのではないか」「中国の店は夜中でも営業しているのか」など、驚いたようなコメントを英語で寄せている。

この情報について中国のネットユーザーは「確かに薬のデリバリー注文は安くて速いよな」「外国人は24時間営業のドラッグストアを見たことがないんだな」「外国は午後5時、6時に店が閉まったりするからね」「怠惰こそ社会を発展させる一番の動力」といった感想を残した。

一方で「このサービスが流行するというのは、中国の労働力が廉価であることの表れではないか」「われわれ中国人は本当に勤勉だよな」「確かに便利だけれど、サービスの末端の仕事をしている人たちは本当に大変だよ」「その大変さに見合うほどのリスペクトと報酬は得られていないと思う」など、疑問を投げ掛けるユーザーも少なからず見られた。(翻訳・編集/川尻

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

「大阪には絶対に行かない方が良い」と言われた中国人、その理由に中国ネット納得?=「確かにその通り」「これは差別でなく、真実」

中国のメディア関係者でブロガーとしても活動する「陳生大王」氏が16日、中国版ツイッター・微博アカウントで「差別」に関する持論を投稿、ネットユーザーから反響が寄せられている。写真は大阪。

Record China
2019年9月17日 15時40分
続きを読む

ランキング