Record China

ヘッドライン:

台湾はF-35より高い値段でF-16を買った―中国メディア

配信日時:2019年11月2日(土) 14時20分
拡大
1日、環球時報は、「台湾政府が米国からF-16戦闘機をF-35戦闘機よりも高い値段で購入した」として、台湾メディアから揶揄(やゆ)する声が出ていると報じた。写真はF-16。

2019年11月1日、環球時報は、「台湾政府が米国からF-16戦闘機をF-35戦闘機よりも高い値段で購入した」として、台湾メディアから揶揄(やゆ)する声が出ていると報じた。

記事は、台湾の立法院が新型戦闘機購入特別条例を可決後、台湾当局が速やかに2500億台湾ドルの特別予算を拠出し、F-16V戦闘機66機および付帯装備を購入する準備を進めていると紹介。台湾国防部の計算に基づけば、その単価は1億2170米ドル(以下、米ドル)になると伝えた。

一方で、米ロッキード・マーティン社は先日最新戦闘機の値下げを発表し、F-35Aの単価を7790万ドル、F-35Bを1億130万ドルと台湾のF-16V購入額よりも低い価格になったとしている。

そして、台湾メディア・中国時報が「F-16VはF-35よりも性能が劣る、世代も古い戦闘機。台湾政府は市民にどう説明するのか。今は選挙に向けた重要な時期だが、有権者から疑念を抱かれても構わないのか」と報じたことを伝えた。

記事は、この件について台湾空軍司令部が10月31日に「ロッキード・マーティンが発表した価格は、米軍と開発パートナー国向けの価格であり、研究開発参加のための出資額が含まれていない。F-16Vの購入価格と単純比較するのはナンセンス」との見解を示したことを紹介している。(翻訳・編集/川尻

【新型肺炎】
リアルタイムで世界の患者数を確認する

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

台湾の改修型F-16V戦闘機は「中国J-22ステルス戦闘機を捕捉可能」の見方、中国専門家は否定「非現実的」―中国メディア

中国メディアの新浪網は、台湾が米国のF-16戦闘機を改修して配備するF-16Vが中国のJ-20ステルス戦闘機をレーダーで捕捉できるとの見方が出ていることに対しての、中国人民解放軍上級大佐の李莉解放軍国防大学教授の反論を紹介した。写真は李教授。

Record China
2018年9月9日 6時10分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング