Record China

ヘッドライン:

韓国人音楽家の中国行きビザ下りず?実際は申請もしていなかった―韓国メディア

配信日時:2019年11月1日(金) 18時40分
拡大
31日、環球網は、韓国の音楽家が中国への入国ビザ発給を拒否されたとする問題について、韓国メディアが「そもそもビザ申請をしていなかった」と報じたことを伝えた。写真は韓国のパスポート。

韓国人音楽家が中国への入国ビザ発給を拒否された」と報じられた問題について、韓国・聯合ニュースは10月31日、「そもそもビザ申請をしていなかった」と報じた。同日付で、環球網が伝えた。

米AP通信は先日、中国公演を計画していた米大学の管弦楽団に所属する韓国人音楽家が中国入国ビザ発給を拒否されたとし、その理由について同大学の学長が「THAAD(高高度防衛ミサイル)による対立」との見方を示したと報じた。

しかし、聯合ニュースによると、31日に韓国外交部が「韓国人メンバーを含む、公演の関係者全員が、中国にビザ申請をしていなかった」とコメントし、学校側と中国の外交当局に対して事実関係の確認を求めていることを明らかにした。

この件について、中国外交部の耿爽(グン・シュアン)報道官は30日の記者会見で「THAAD問題でビザ発給を拒否」とされたことを否定し、「昨年の訪中韓国人は419万3000人。THAADを理由に韓国人のビザ発給を拒否していたならば、彼らはどうやって入国したのか」とコメントしていた。(翻訳・編集/川尻

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

関連記事

韓国・文在寅大統領また米中の狭間に=インド太平洋戦略に「協調」、中国・習近平国家主席からはTHAADでクギ

韓国の文在寅大統領がまた米中の狭間に入り込みつつある。6月末の米韓首脳会談後、日米が唱える「インド太平洋戦略」に「協調する」と表明。同時期の中韓首脳会談で中国の習近平国家主席からはTHAAD問題でクギを刺された。

Record China
2019年7月7日 11時50分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング