「韓流禁止令」ほぼ解禁か、お蔵入りドラマが来年一斉にオンエアも“苦戦”の兆しも

配信日時:2019年11月1日(金) 16時10分
「韓流禁止令」ほぼ解禁か、お蔵入りドラマが来年一斉にオンエア
画像ID  1138136
中国で数年にわたって続いた「韓流禁止令」が解除に向けて大きな動きを見せているが、中国エンタメ界の環境は数年前と一変しており、もし全面解除されたとしてもかなりの苦戦が強いられるようだ。
中国で数年にわたって続いた「韓流禁止令」が解除に向けて大きな動きを見せているが、中国エンタメ界の環境は数年前と一変しており、もし全面解除されたとしてもかなりの苦戦が強いられるようだ。

その他の写真

限韓令または禁韓令とも呼ばれる「韓流禁止令」は、韓国が高高度防衛ミサイル(THAAD)の配備を決めたことで、その制裁措置としてスタートした。その名が示す通り、韓国のタレントやコンテンツなど、あらゆる韓流の流入を徹底的に阻止するもので、16年夏に始まった。それまで巨大な中国市場を目当てに、どんどん進出していた韓流スターが一瞬にして姿を消し、韓国のエンタメ関連企業の株価が軒並み暴落したことも話題になった。

その「韓流禁止令」も昨年から解禁の兆しを報じられ、韓流タレントを迎えて15~16年にかけて制作されながらお蔵入り状態となっていたドラマの解禁がこのほど明るみになった。f(x)のクリスタルがEXOの中国人メンバーのレイ(張芸興/チャン・イーシン)と共演した「閉嘴!愛吧」や、俳優ドン・ルン(●倫/●=「登」におおざと)と共演した「畢業季」など、中韓合作の計8作品が来年の配信を発表している。

これまでは皆無だった韓流タレントのイベント出演などといった活動も、最近では目につくようになった。EXOやスーパージュニアのメンバーが青島でサイン会を開催し、今月には俳優キム・スヒョンや女優パク・ミニョンが上海でファッションイベントに参加している。

全面解禁も近いとみられる「韓流禁止令」だが、韓流タレントがいなかったここ数年、中国のエンタメ界は大きく変化した。17~18年にかけて、テレビのオーディション番組を通じて、次々と人気アイドルが誕生。“本土化”を進めた結果、人気の若手俳優や女優が影響力を増している。韓流タレントのネームバリューで作品の価値を高め、韓流と聞けば諸手を挙げて受け入れる時代はすでに終わっているため、全面解禁後はかなりの苦戦が見込まれるのと同時に、どのような戦い方をするのかも注目要素となっている。(Mathilda
【レコチャコンサル】
あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 2

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • Kio***** | (2019/11/01 19:46)

    中国では、日本の代わりには絶対にならない。日本は中国のように厳しい政府の規制もなく、韓国人にとっては日本語の習得も容易だ。そんな市場をドブに捨てるとかアホじゃないのか。韓国の芸能ビジネスに関わってる人は激怒していることだろう。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • RYU***** | (2019/11/01 17:01)

    あと二十日程度だからね。日米韓の包囲網を崩すなら許してやると、中国共産党がニンジンをぶら下げてきた。そもそもこの禁止令、韓国の見習う先は相変わらず中国だと分かる。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事