女子バレー中国代表を描く映画「中国女排」、女優コン・リーが郎平監督に「そっくり」

配信日時:2019年11月1日(金) 20時50分
映画「中国女排」、女優コン・リーが郎平監督に「そっくり」
画像ID  1138133
31日、来年公開の映画「中国女排」(中国女子バレー)から最新のポスタービジュアルが公開された。女優コン・リーが演じる郎平監督の姿が、あまりにも本人に似ていると驚きの声も上がっている。
2019年10月31日、来年公開の映画「中国女排」(中国女子バレー)から最新のポスタービジュアルが公開された。女優コン・リー(鞏俐)が演じる郎平(ラン・ピン)監督の姿が、あまりにも本人に似ていると驚きの声も上がっている。

その他の写真

映画「ラヴソング」や「捜査官X 武侠」などで知られるピーター・チャン(陳可辛)の最新作。現在の中国女子代表チームを率いる監督で、かつては強烈なスパイクにより「鉄のハンマー」と恐れられた名選手の郎平を通じ、約40年にわたる女子バレー中国代表の歩みを描いている。旧正月の元旦に当たる来年1月25日に封切り予定。

31日に公開されたポスタービジュアルは、郎平監督に扮(ふん)した女優コン・リーの姿を落とし込んだ2枚組のもの。それぞれに「世界の強豪のいかなる挑戦も受け入れる」「流血しても涙は見せない。皮がすりむけてもチームを離れない」と強いメッセージが書かれている。なお、顔かたちは郎平監督とまったく似ていないはずのコン・リーだが、ポスターでは監督の立ち姿や表情とそっくりなことから、女優としての力量や役作りの妙に驚きと称賛の声が上がっている。

女子バレー中国代表が初めて世界を制した81年ワールドカップの中心選手だった郎平監督だが、名選手であったと同時に、現在は代表チームに多大な貢献をする名監督に。13年の監督就任後、過去5年間にリオ五輪の金メダルを含めて3回もチームを世界トップに導いている。(Mathilda
【レコチャコンサル】
あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事