Record China

ヘッドライン:

北海道のデカすぎキャベツが中国ネットでも話題に=「なぜか笑えてくる」

配信日時:2019年11月3日(日) 20時20分
拡大
日本のネットユーザーがツイッターに投稿した巨大なキャベツの写真が、中国版ツイッター・微博でも話題を呼んでいる。写真は中国の野菜売り場。

日本のネットユーザーがツイッターに投稿した巨大なキャベツの写真が、中国版ツイッター・微博(ウェイボー)でも話題を呼んでいる。日本情報を発信する「視覚 日本」のアカウントが28日に紹介した。

巨大キャベツを両腕で抱えた写真をアップした投稿者は「好奇の目に晒されながらも東京まで持って帰ることに成功した。見知らぬおばさんから『これってそのまま生えてるの?』とか質問されたし、手荷物返却のベルトコンベアでガン見された」(原文ママ)などとツイートした。

このキャベツは、北海道が発祥の「札幌大球(サッポロタイキュウ)」という品種のもの。近年では主に漬物用として使われており、大きいものは10キログラムを超えることもあるという。

「視覚 日本」のアカウントは、ツイッターの投稿を中国語に翻訳して紹介。投稿を見た中国のネットユーザーからは、「なんでこんなに大きいの!?」「『札幌大球』っていう名前、このキャベツにぴったり(笑)」「なぜか分からないけど、これを見ていると笑えてくる」「一体何日間食べ続ければ完食できるんだ」といった感想が寄せられた。

また、機内預け荷物にしたキャベツが潰れなかったことに感嘆するユーザーや、袋に貼られている1000円の値札を見て「安い!」と驚いたユーザーもいた。(翻訳・編集/岩谷)

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング