<在日中国人のブログ>香港と大陸、互いに「仰視」でも「俯瞰」でもなく、直視してほしい

配信日時:2019年11月1日(金) 10時10分
<在日中国人のブログ>香港と大陸、互いに直視してほしい
画像ID  1137626
19日、私は香港へ行った。周知のように、現在香港の情勢には緊迫感があったようだが、日本外務省から渡航禁止令が出されていないため、香港に行く日本人が多いそうで、その日、香港航空の飛行機はほぼ満席だった。
二十数年前、知人が親族訪問のために香港へ行った。その時、中国大陸の人々にとっては、香港へ行くことは稀有であった。周りの人は彼女を羨ましく思った。彼女が香港から戻って、その時話した一言を私はいまだに克明に覚えている。「香港の街を歩くと、いつも見上げている。立派な高層ビルが多すぎるから」。その頃、大陸の人は香港を仰ぎ見ていた。そして、心から香港に憧れていた。

その他の写真

日本に来る前の年、私は初めて香港へ行った。芳醇な資本主義の匂いにたいへん新鮮感を覚えた。そして、日本留学を決めた。日本に来てから、私は毎年香港に行くようになった。

今年10月19日、土曜日、私はまた香港へ行った。周知のように、現在香港の情勢には緊迫感があったようだが、日本外務省から渡航禁止令が出されていないため、香港に行く日本人が多いそうで、その日、香港航空の飛行機はほぼ満席だった。

午後4時半に香港空港に到着、いつもより静けさを感じた。やっぱり観光客が減っていたと考えられる。市内と結ぶ「機場(空港)快線」の列車に向かう途中、駅のスタッフさんが「早く乗ってください。5時を過ぎたら、九龍駅には止まりません。終点にだけ止まります」と言った。幸い、5時前の列車に間に合った。九龍駅でタクシーに乗るのにいつもより時間がかかった。以前はタクシーの列ができて、乗客を待っていた。今回はタクシーがなかなか来ず、乗客を待たせていた。今回の香港の旅では、最初に交通事情に違和感を覚えた。

街を歩くと、多数の落書きが目に入った。その中には罵声のようなものもあった。しかも字が汚い。国際大都市の顔が傷つけられたのではないかと複雑な気持ちになった。街では中国語がほとんど聞こえなくなった。この数カ月、大陸の人が香港へ行かなくなったらしい。

翌日、日曜日。マスコミの友達が「今日デモの目的地は西九龍駅らしい」と知らせてくださった。午前、友達と一緒に西九龍駅に向かった。西九龍駅は大陸と結ぶ列車の起点である。大勢のマスコミと警察がすでに待機している。なんとなく切迫した空気に包まれる。まるで昔観た香港警察ドラマのシーン。これが香港の現実になるとは思いもしなかった。

その後、デモ隊の進行方向が変わった。西九龍駅に来なくなり、尖沙咀(チムサーチョイ)と旺角(モンコック)の周りで行動するらしい。携帯でデモの生中継を観る。街の中に障害物が置かれたり、火が燃えているのを目にした。その光景に心を痛めた。バスに乗って旺角のホテルに戻ろうとしたところ、デモの影響でバスがすでに動けないという情報を周りの人が教えてくれた。仕方なく、迂回路線で地下鉄に乗って戻った。ホテルでテレビをつけて驚いた。自分が直前に出ていた旺角駅の出口がすでに閉鎖されている。しかも、火が燃えている。心が震えた。どんな政治的立場の人間でも、いかなる場合も、法治を守ってほしい。暴力は許されないだろう。

この数カ月、香港の交通機関、特に地下鉄が大きな試練を与えられている。多くの地下鉄出口にはオレンジ色のテープが張られている。「駅の部分施設が破壊されて、しばらく使えません。なるべく早めに施設を修復します。あなたの理解に感謝します」、壁には丁寧な公示文がある。香港の友達から聞いたのだが、駅がどんなに破壊されても、夜中、スタッフたちがなるべく翌日通勤する人たちに不便をかけないように一生懸命修復する。

街では感動することも見つけた。破壊された中国系の店に、数枚の香港ドルの紙幣と一枚の付箋が紐に結ばれてドアの前に置かれていた。「気持ちばかりですが、お受け取りください」と書かれている。

いつも混雑する香港のレストランだが、今回はちょっと空いている。私は友達と一緒に「莆田」という福建料理屋で食事をした。故郷のブランド料理、たいへん美味しかった。お勧めしたい。交通事情など多少不便はあったが、緊迫な状況の中でも、香港サービス業界の「質」は下がらない。ホテルのスタッフも親切にお客さんに対し、「○○地域では、現在デモが行われています。急用がなければ、その地域へ行かないほうがいいです。何かありましたら、私たちにご連絡ください」と知らせた。

香港旅の翌週の週末、私は上海へ行った。上海でエリートの友達と香港の今について話し合った。「香港人の家は狭すぎる。20~30年たっても変わってない。香港人はかわいそうだ」「香港の失業率は低いではないか、3%以下だと香港マスコミが報道した。若者たちは何が不満なのだろうか。仕事がなければ、大陸に来ればいい」。そのような大陸の人々の言葉を聞いたら、現在彼らがもはや香港を「仰視」していないことが分かった。むしろ、ちょっと「俯瞰」しているように垣間見えた。

30年前、香港は世界と繋がる重要な経済貿易の「窓口」だったが、現在は世界と直接対話できる「窓口」としての中国の都市がたくさんある。つまり、香港の優位性が失われ、上海・深センなど中国の大都市に取って代わられると予測されている。

逆に、この20~30年、香港人が大陸に対し、どのような心境の変化があっただろうか。香港と大陸、互いに「仰視」でも「俯瞰」でもなく、直視してほしい。これから、平等に向き合って、助け合えばいい。

大陸と比べて、自由・民主・公正な競争など香港の優位性は失われていないと思う。そこが私が香港を好きな一番の理由である。街で、黒いTシャツを着て、黒いマスクをつける群れの若者たちとすれ違った際、「あなたたちはどこから、そしてどこへ?」と聞きたくなった。また、「あなたたち、ぜひ周りに声をかけて、街の中に落書きをしないようにしていただきませんか」と、香港を愛する一人の人間の声を届けたい。そして、香港が一日も早く平和な普通の香港に戻ってほしい。

■筆者プロフィール:黄 文葦
十数年間マスコミの現場を経験した後、2009年から留学生教育に携わる仕事に従事。2015年日本のある学校法人の理事に就任。現在、教育・社会・文化領域の課題を中心に、関連のコラムを執筆中。
※掲載している内容はコラムニスト個人の見解であり、弊社の立場や意見を代表するものではありません。
【レコチャコンサル】
あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら
最新ニュースはこちら

SNS話題記事