Record China

ヘッドライン:

慰安婦映画見送りで日本の「表現の自由」問題が再燃、韓国ネットがあきれ「いつの時代?」

配信日時:2019年10月29日(火) 22時20分
拡大
28日、韓国・KBSは「日本のある映画祭が元慰安婦をテーマにした映画の上映を見送ったことで、日本社会で『表現の自由』問題が再燃している」と報じた。写真は韓国の慰安婦像。

2019年10月28日、韓国・KBSは「日本のある映画祭が元慰安婦をテーマにした映画の上映を見送ったことで、日本社会で『表現の自由』問題が再燃している」と報じた。

27日に始まったKAWASAKIしんゆり映画祭では、上映される予定だった慰安婦問題がテーマのドキュメンタリー映画「主戦場」の上映が見送りとなった。理由は、同映画の上映をめぐる反発の声に共催者の川崎市が懸念を示したためという。しかしその後、映画製作配給会社・若松プロダクションがこれに抗議するため、同映画祭で上映予定だった映画2本の出品を取りやめると発表した。

記事は「8月にあいちトリエンナーレが慰安婦像の展示を中止した後に白熱した『表現の自由』をめぐる議論が再び盛り上がりそうだ」と伝えている。

これを見た韓国のネットユーザーからは「検閲なんていつの時代?」「日本は自由のない独裁国家だな」「はあ、日本がどんどん後退していくね」「ここできちんと日本の民主主義を立て直すべきなのに」などため息混じりの声が上がっている。

若松プロダクションの決定については「抗議してくれる人がいてよかった」「捨てる神あれば拾う神ありだ」「上映できなかった作品は全て韓国で上映しよう」など称賛や応援の声が上がっている。(翻訳・編集/堂本

【新型肺炎】
リアルタイムで世界の患者数を確認する

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング