慰安婦映画見送りで日本の「表現の自由」問題が再燃、韓国ネットがあきれ「いつの時代?」

配信日時:2019年10月29日(火) 22時20分
慰安婦映画見送りで日本の「表現の自由」問題が再燃、韓国ネットがあきれ
画像ID  1137235
28日、韓国・KBSは「日本のある映画祭が元慰安婦をテーマにした映画の上映を見送ったことで、日本社会で『表現の自由』問題が再燃している」と報じた。写真は韓国の慰安婦像。
2019年10月28日、韓国・KBSは「日本のある映画祭が元慰安婦をテーマにした映画の上映を見送ったことで、日本社会で『表現の自由』問題が再燃している」と報じた。

27日に始まったKAWASAKIしんゆり映画祭では、上映される予定だった慰安婦問題がテーマのドキュメンタリー映画「主戦場」の上映が見送りとなった。理由は、同映画の上映をめぐる反発の声に共催者の川崎市が懸念を示したためという。しかしその後、映画製作配給会社・若松プロダクションがこれに抗議するため、同映画祭で上映予定だった映画2本の出品を取りやめると発表した。

記事は「8月にあいちトリエンナーレが慰安婦像の展示を中止した後に白熱した『表現の自由』をめぐる議論が再び盛り上がりそうだ」と伝えている。

これを見た韓国のネットユーザーからは「検閲なんていつの時代?」「日本は自由のない独裁国家だな」「はあ、日本がどんどん後退していくね」「ここできちんと日本の民主主義を立て直すべきなのに」などため息混じりの声が上がっている。

若松プロダクションの決定については「抗議してくれる人がいてよかった」「捨てる神あれば拾う神ありだ」「上映できなかった作品は全て韓国で上映しよう」など称賛や応援の声が上がっている。(翻訳・編集/堂本
【レコチャコンサル】
あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 6

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • geo***** | (2019/10/31 01:27)

    韓国のKBSが25日に放送した時事番組で、番組にゲストで呼ばれた産経新聞の解説委員が「日韓関係の原因は文大統領の歴史観」「嫌韓があるから反日があるのではなく、韓国の反日があるから嫌韓がある」という趣旨の発言をし、また同じくゲストの朝鮮日報の副局長が「1965年の日韓請求権協定で日本から受け取った金・・・で被害者らに賠償すべき」との趣旨の発言をしたことに激しい抗議が起き、KBSは謝罪に追い込まれたという(中国環球時報、29日)。愛知トリエンナーレもそうだが、反日団体の汚いところは県や市から補助金(原資は税金)をもらって反日映画や反日芸術作品を展示する点です。映画祭の映画「主戦場」の上映も川崎市が補助金を出しているから川崎市が懸念を表明したのではないか?そうでなければ表現の自由を尊重する自治体がクレームするはずがない。そもそも反対意見の表明が許されない韓国とは根本的に問題が異なるのです。
    このコメントは非表示に設定されています。
    11 1
  • 五郎助***** | (2019/10/30 02:04)

    ここに載せられている韓国ネットの声に一言。 「反日思想支配国家」の民たる君たちにだけは言われたくないね。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • はやぶ***** | (2019/10/30 00:11)

    韓国ネットユーザーは勘違いしているが、ある程度まともな見識良識のある国の場合、映画に限らず余りにも思想的に偏ったプロパガンダが過ぎる作品は、公的機関によって排除されるものなのである、つまり闇雲に反日を煽り立てる映画やドラマや小説等が大手を振って罷り通っている韓国は、前近代的な後進国であると自覚すべきである、まあそれを言うならこの前悪質なプロパガンダが過ぎる、破廉恥な展示会を開催した愛知県はなんなんだ?という話になるが…
    このコメントは非表示に設定されています。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事