Record China

ヘッドライン:

中国人の「気概」を見たスペイン人震える―中国メディア

配信日時:2019年11月1日(金) 11時10分
拡大
28日、環球網は、中国の建国70周年記念映画「我和我的祖国」が今月1日より欧州10カ国で公開されブームを巻き起こしているとしたうえで、映画を見たスペイン人の市民が語った感想を紹介する記事を掲載した。

2019年10月28日、環球網は、「スペイン人:中国人の気概に震えた」と題する記事を掲載。中国の建国70周年記念映画「我和我的祖国(わたしとわが祖国)」が今月1日より欧州10カ国で公開されブームを巻き起こしているとしたうえで、映画を見たスペイン人の市民が語った感想を紹介する記事を掲載した。

まず、中国人の交際相手と見たというMarcosさんは「非常におもしろかった。小人物が祖国建国のために全力を尽くしたストーリーで、細かい部分までしっかり描かれていて、大いに心の琴線に触れた」と語った。また、中国の文化はスペインに似ている部分もあるとし、「この映画で中国の歴史に対する認識が深まるとともに、中国人の気概にも心震えた」と述べている。

また、中国人の彼女に勧められて見たというJuanさんは「中国文化に非常に興味があり、映画の各シーンでたくさんのことを学んだ。新中国建国の物語はあまり知られていないと思う。大いに感動した。中国人に対する印象が完全に変わった。中国人が好きだ。メディアの報道は一面的だと感じた」と話した。

中国で短期の語学研修を受けた経験を持つというコンピューターのエンジニアであるAngelさんは、普段から中国ドラマを見るのが好きだとしたうえで「とても感動した」とコメント。「中国語は学べば学ぶほど楽しい。中国料理も大好き。特に辛い四川料理や湖南料理が好きだ」と中国に対する愛着を語っている。(翻訳・編集/川尻

【社内スタッフ募集】
中国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら

関連記事

ランキング