Record China

ヘッドライン:

英国人学者が感嘆=「中国高速鉄道が大好き」―中国メディア

配信日時:2019年10月30日(水) 7時20分
拡大
29日、参考消息は、英国の学者が中国の高速鉄道を称賛する文章が英大手メディアに掲載されたことを伝えた。写真は英国の鉄道。

2019年10月29日、参考消息は、英国の学者が中国の高速鉄道を称賛する文章が英大手メディアに掲載されたことを伝えた。

記事は、英紙サンデー・タイムズ電子版に27日に掲載された、ヘリオット・ワット大学エジンバラ・ビジネススクールのマクレガー校長による文章を紹介した。以下はその概要だ。

エディンバラからロンドンに行くのにだいたい4時間半かかる。移動中に仕事ができるのでいつも列車を使っているのだが、ロンドンに行ってたくさんの中国の商人たちと夕食を共にしていると、「ああ、中国の列車に乗りたい」と思うのだ。私は上海から北京に向かう高速鉄道が大好きだ。実際に使ってみたところ非常に便利で、上海駅のホームを定時に出発して、時間通りに北京に到着するのである。

約1300キロの道のりで、5時間もかからない。車両のディスプレイには時速308キロと表示される。座席の上にはラゲッジスペースがたくさんあり、仕事や食事ができるテーブルも備えている。昼寝をしたければ座席もフラットにできる。これで不満などあるだろうか。

列車の効率が中国みたいになればいいのにと思う。エディンバラからロンドンは北京―上海の半分の距離なのに、所要時間はだいたい同じだ。ハンガーがついたり、サービスも改良されたりしているが、駅の時刻表を見ると、やはりあらゆるイベントを中国でやってほしいと思ってしまうのである。(翻訳・編集/川尻

【映像紹介】
新型コロナウイルスの脅威にさらされた武漢、最新ドキュメンタリー 動画はこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング