【動画】今度は文大統領が「裸」に、韓国野党の公開した動画が物議

配信日時:2019年10月29日(火) 11時40分
文大統領が「裸」に、韓国野党の公開した動画が物議
画像ID  1136982
28日、韓国・聯合ニュースによると、保守系野党・自由韓国党の公式ユーチューブチャンネルに下着1枚姿の文在寅大統領が登場するアニメーションが公開され、物議を醸している。
2019年10月28日、韓国・聯合ニュースによると、保守系野党・自由韓国党の公式ユーチューブチャンネルに下着1枚姿の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が登場するアニメーションが公開され、物議を醸している。

記事によると、問題の動画は28日に公開されたもので、童話「裸の王様」になぞらえて文大統領を批判する内容となっており、手錠をかけられたチョ・グク前法相も登場する。このため、アニメーションとはいえ、大統領を下着姿で描くという演出に対し、批判の声が上がっているという。

与党「共に民主党」のイ・ヘシク報道官は、論評を通じ「動画は衝撃を禁じ得ない内容で満たされている。文大統領へのからかいと批判は忍耐力の限界を感じさせる」「このような許しがたい内容の動画を製作し、一体誰に見せようというのか」と激しく非難。「自由韓国党は国民冒とく動画製作関係者全員を厳しく問責し、ただちに国民に謝罪せよ」と促しているという。

韓国では朴槿恵(パク・クネ)前大統領が在職中の2017年1月、共に民主党の表蒼園(ピョ・チャンウォン)議員が議員会館で開いた風刺作品の展示会に、朴前大統領を裸体で表現した絵画作品「汚い睡眠」(マネの代表作『オランピア』をパロディー化したもの)が登場し、物議を醸したことがある。04年にはハンナラ党(自由韓国党の前身)議員劇団「汝矣島(ヨイド)」による、当時の盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領を風刺した演劇作品「還生経済」が問題視されたこともある。

この記事に、韓国のネットユーザーからは「国家首班冒とくの罪に問うべき」「最大野党がこんなレベルでは…。情けない」「黄教安(ファン・ギョアン、自由韓国党代表)、羅卿ウォン(ナ・ギョンウォン、同院内代表)も脱がせればいい」「こういうことをすればするほど、国民は自由韓国党を嫌いになるのを分かっているだろうに、どうしてやるのか理解不能だ」「パンツ1枚でもはいているだけいい。朴槿恵は裸で国会に展示された」「こんなのは大したことじゃない。朴前大統領は女性なのに裸にされたんだ」「自分たちがやれば風刺、やられたら冒とくか?」などさまざまな声が上がっている。(翻訳・編集/麻江)
【レコチャコンサル】
あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 7

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事