甲骨文字を解読できたら1文字150万円の懸賞金!中国で話題に

配信日時:2019年10月29日(火) 21時0分
甲骨文字を解読できたら1文字150万円の懸賞金!中国で話題に
画像ID  1136948
今年で甲骨文字が発見されてちょうど120年目になる。1899年に発見されて以降、数多くの学者が必死にその解読に努めてきたものの、現時点でその意味が確定されているのは約1500文字ほどにとどまっている。
今年で甲骨文字が発見されてちょうど120年目になる。1899年に発見されて以降、数多くの学者が必死にその解読に努めてきたものの、現時点でその意味が確定されているのは約1500文字ほどにとどまっている。中国新聞網が伝えた。

その他の写真

中国文字博物館が最近発表した「懸賞のお知らせ」が話題になっている。その内容は、まだ解読されていない甲骨文字の意味を解読し、専門家委員会の鑑定で解読が認められた場合、1文字につき10万元(約150万円)を授与するというものだ。甲骨文字解読優秀成果の第二期募集が間もなく締め切られる。多くの人の間で、「解読の難度も高いけれど、賞金額もすごい」と話題になっている。

■甲骨文字発見までの経緯

甲骨文字は、殷(紀元前17世紀頃-紀元前1046年)後期の王室や商人、貴族が亀の甲羅や獣骨に刻んだ占卜(占い)に関する文字を指し、またその数は少ないものの占いの経緯が記録されている場合もある。

一般的に、甲骨文字は1899年(清・光緒二十五年)に当時の金石学者・王懿栄が竜骨と呼ばれていた骨に刻まれた文字を偶然発見したのが初めてとされている。王懿栄はその時から甲骨の研究に取り組み始めた。

清(1644-1912年)の後期だった1903年、小説家・劉鶚によって、初の甲骨文字の図録「鉄雲蔵亀」が出版された。同書の序文には「甲骨文字は殷の時代の人が刀筆で刻んだ文字」と明記されている。1910年、羅振玉が出版した「殷商貞卜文字考」の序文には「小屯村で出土した甲骨は殷室王朝の遺物」と記されている。

1928年秋に、甲骨が出土した場所が確定した後、董作賓などの考古学者を中心に、河南省安陽市小屯村で10年ほどかけて、15回にわたる発掘調査を実施し、合わせて甲骨2万4900個以上が発見された。

中華人民共和国成立後、中国科学院などの機関が甲骨の発掘作業を引き続き行ってきた。その他、河南省鄭州市の二里崗、山東省済南市大辛荘などの殷の時代の遺跡からも文字が刻まれた甲骨が出土した。

■解読が難しいのはなぜ?

甲骨文字が発見された当初、学界にははっきりとした解読成果がなかった。1904年の孫詒譲が出版した「契文挙例」には、甲骨文字185字の考証と解釈が記されている。

学者らの努力の結果、これまでに甲骨文字5000文字が発見されているものの、考証と解釈を経て、解読済みとされている文字は約1000文字にとどまっている。

甲骨文字も解読が難しいのはなぜなのだろう?復旦大学出土文献・古文字研究センターの青年研究員・蒋玉斌(ジアン・ユービン)氏は、「かなり昔のもので、文字の形態や使用状況も大きく変わっているから」と説明する。また、「甲骨文字は異体字が多く、同じ意味でもいろんな表し方をするものがある。例えば、お腹の中の赤ちゃんを表す『孕』という文字も、小さく書いた『人』で表したり、『子』という文字で表わしたりすることができる」と例を挙げて説明し、「形体的にはほとんど差がないものの、全く意味が違う文字もある」とした。

そして、「現在、解読されている甲骨文字の数の統計については、統計の方法や考証・解釈をめぐる意見などが全く一致していないため、いろんな見方がある。総合的に判断すると、1200文字ほどで、5000文字のうち説明が比較的合理的と思えるものが約3分の1」との見方を示した。

■解読できれば10万元!

2016年11月、中国文字博物館が発表した「甲骨文字解読優秀成果の募集・選考・奨励のお知らせ」が注目を集めた。

「お知らせ」によると、まだ解読されていない甲骨文字の意味を解読し、専門家委員会の鑑定で解読が認められた場合、1文字につき10万元(約150万円)が授与される。また、議論中の甲骨文字を解読し、専門家委員会の鑑定で解読が認められた場合、1文字につき5万元(約75万円)が授与される。

同博物館の黄徳寛(ホアン・ダークワン)館長によると、甲骨文字解読専門家委員会の審査を経て、第1期募集では、2人の解読が優秀成果と認められ、懸賞金が授与された。一つは、蒋玉斌さんの甲骨金文の「蠢」の文字の解読と関連の問題の説明で、一等賞を獲得。もう一つは首都師範大学の王子楊(ワン・ズーヤン)さんの甲骨文字の『阱』の解読で、二等賞を獲得した。

■甲骨文字のうちカギとなる字を解読できれば大きな意義

中国文字博物館は今年5月にも「第2期甲骨文字解読優秀成果の募集・選考・奨励のお知らせ」を発表した。奨励の内容は第一期と同じだ。募集の締切期限は10月31日で、それ以降は受け付けない。

甲骨文字の解読の難しさについて、黄館長は、「甲骨文字一文字の考証には、往往にしていろんな問題が関係している。解読されているものも、これまでの学者が積み上げたものを基礎にして論証されている。甲骨文字の考証には、何世代にもわたる学者の努力が必要だ」と説明する。

蒋さんは、「まだ解読されていない字も多いが、その多くが人の名前か地名。また、あまり出てこない字もある。そのうち比較的頻繁に使われており、文章を理解するうえで重要なカギを握る字を考証・解釈できれば、文字、言語、歴史、文化の研究にとても役立つ」と話す。(提供/人民網日本語版・編集/KN)
※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【レコチャコンサル】
あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事