【募集中】韓国語社内スタッフ

携帯料金各国比較、日本の通話料は安くない―米メディア

配信日時:2013年8月15日(木) 17時50分
携帯料金各国比較、日本の通話料は安くない―米メディア
画像ID  393953
13日、米IT情報サイトのTechHiveはこのほど、「米国のスマートフォン料金は世界最高値ではない」という記事を掲載、世界主要国の携帯にかかる本体価格や通信費について比較した。写真は海南省のアップルストア。
2013年8月13日、人民日報によると、米IT情報サイトのTechHiveは6日、「米国のスマートフォン料金は世界最高値ではない」という記事を掲載、世界主要国の携帯電話にかかる本体価格や通信費について比較した。

携帯電話にかかる様々な費用を合計すると、米国のスマホユーザーが支払う費用は日本やドイツとほとんど変わらない。実際、米国人のスマホ料金は世界で最も安いわけではないものの、最高値というわけでもない。スマホの本体価格は世界各地で大差はなく、キャリアのサービス料金に違いがあるというのが実情だ。

各国の携帯サービス料金の違いを調査するため、このサイトでは米国、オーストラリア、中国、ドイツ、日本、イギリスという世界の代表的な携帯市場で、iPhone5の2年契約で必要な平均料金を各国の主要携帯キャリアの類似料金プランで比較した。

これによれば、イギリスのiPhone5使用料が最も安く、月々たったの64.70ドル(約6350円)だった。日本がこれに続き、74.11ドル(約7280円)。ドイツは92.13ドル(約9050円)で第三位につけた。中国聯通(チャイナ・ユニコム)は月々96ドル(約9430円)、オーストラリアは116.23ドル(約11410円)だった。米国の大手キャリアであるAT&T、Sprint、T-Mobile、VerizonなどでiPhone5を使うと平均105ドル(約10310円)という結果だった。

iPhone5のイギリスでの使用料金は調査対象6カ国で最安だった。携帯キャリアEEでは、ユーザーはたった1553ドル(約15万2490円)を払えば、2年間の通信料を含むプランが使える。EEは各国語に対応、データ通信量も選択できる。たとえば、iPhone5ユーザーが破格の通信量が使いたければ、月々15ドル(約1470円)を支払えば10GBが使用できる。この料金プランにはデータローミングは含まれていないことには注意が必要だ。だが、イギリスは欧州のほかの国からさほど離れておらず、ユーザーがローミングをしたくなれば、月々18.42ドル(約1810円)の国際ローミングプランを追加すればいい。

ドイツや中国のスマホ料金もあまり変わりがないが、形式にやや違いがある。ドイツの携帯キャリアのT-Mobile Germanyは、ユーザーは本体購入時に一定の費用を1回払いで支払う必要があり、残りを月々支払うことになっている。

だが、中国のキャリアの料金プランはやや複雑で、ユーザーが月々支払う料金が高くなるほど、前金が少なくなる。中国聯通(チャイナ・ユニコム)の0元プランだと、携帯本体は完全に無料だが、月々支払う通信量は高くなる。また、中国の携帯キャリアは本来の意味での無制限通話プランはなく、データ通信料金もやや高めに設定されている。(提供/人民網日本語版・翻訳/EW・編集/武藤)
最新ニュースはこちら

SNS話題記事