修理したのに異常発生、韓国・済州航空機の整備点検に不安の声

配信日時:2019年10月29日(火) 8時40分
修理したのに異常発生、韓国・済州航空機の整備点検に不安の声
画像ID  1136824
27日、韓国・毎日経済によると、韓国の金海国際空港を出発した済州航空機が、機体の異常により引き返していたことが分かった。さらに同機は離陸前に問題が見つかり修理していたが、離陸からわずか10分で同じ問題が発生したという。写真は済州航空機。
2019年10月27日、韓国・毎日経済によると、韓国の金海国際空港を出発した済州航空機が、機体の異常により引き返していたことが分かった。さらに同機は離陸前に問題が見つかり修理していたが、離陸からわずか10分で同じ問題が発生したという。

記事によると、25日午後8時50分に乗客184人と乗務員6人を乗せて金海空港を離陸した済州航空機は、約9分後に自動操縦装置の異常を知らせる信号を受信し、正常化の可能性を調べるため金海上空を旋回した。この過程で航空機が大きく揺れ、非常脱出の可能性を知らせる放送も流れたという。その後、機長は引き返すことを決定したが、乗客らは約40分の間不安な気持ちで過ごすことに。同機は9時34分に金海空港に着陸したという。

同機は同日午後7時30分に金海空港を離陸する予定だったが、離陸直前に航法高度維持システムに問題が見つかり、修理のため出発が1時間13分遅れていた。そのため一部からは「整備・安全問題が完全に解決していない状況で運航を決定したのは安易な判断だったのではないか」との指摘が上がっているという。ある航空業界関係者は「慌てて問題の飛行機を飛ばすのではなく、代わりの飛行機を用意してもっと綿密な整備点検を行うべきだった」とし、「非常に異例のことであるため、離陸前の整備に問題がなかったか調査するべきだ」と話したという。

これに韓国のネットユーザーからは「投資を惜しまずちゃんと整備して。命より大事なものはない」「大勢の人を乗せて空を飛ぶのに直前に修理?。安全不感症が深刻」「中古の飛行機を導入したことが一番の問題だ」などと指摘する声が上がっている。

一方で機長の判断に対しては「賞をあげよう」「引き返す決定は素晴らしい。そのまま飛んでいたら途中で爆発していたかも」「安全のために引き返し、マニュアル通りに対応したのだから何の問題ないよ」と称賛する声が上がっている。(翻訳・編集/堂本
【レコチャコンサル】
あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 6

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事