朴前大統領が“病床政治”を開始? あるメッセージをめぐり韓国政界が混乱

配信日時:2019年10月28日(月) 10時50分
朴前大統領からのメッセージをめぐり韓国政界が混乱
画像ID  1136368
15日、韓国・ニュース1は、朴前大統領が最近、「わが共和党」に送った「メッセージ」をめぐり、韓国政界が混乱していると報じた。写真は朴前大統領。
2019年10月15日、韓国・ニュース1は、朴槿恵(パク・クネ)前大統領が最近、韓国の保守系野党「わが共和党」に送った「メッセージ」をめぐり、韓国政界が混乱していると報じた。

韓国では今月24日、「朴前大統領が最近、今のわが共和党体制では総選挙を行うことは難しいという趣旨のメッセージを側近の弁護士を通じて同党に伝えた」との報道が出て注目を集めていた。これを受け、同党の洪文鐘(ホン・ムンジョン)共同代表はニュース1の取材に対し「事実ではない」と一蹴。当該弁護士もこの事実を否定したという。

しかし、韓国政界では「これが事実だった場合、朴前大統領が総選挙をおよそ6カ月後に控え、事実上の“病床政治”を始めたことを知らせるサインと解釈できる」との見方が浮上。ただ記事は「朴前大統領のメッセージを警告と受け止めるか、懸念と解釈するかによって、別の意味に読み取れる」と指摘している。

先月17日に左肩の手術を受けるためソウル聖母病院に入院していた朴前大統領は、手術後の現在、同病院でリハビリ治療を受けている。拘置所でも担当弁護士の接見だけを認めていたというが、病院でも「同じやり方に固執している」という。

これを受け、韓国のネット上では朴前大統領に対し「犯罪者なのに。病院のベッドで横になって何言ってるのか」「朴前大統領じゃなくて崔順実(チェ・スンシル、朴前大統領の友人で国政介入事件の中心人物)のメッセージでは」「治療をしっかり受けて余生を静かに過ごしてください。それが国民への謝罪。裏で煽動する野心など捨ててください」などのコメントが寄せられている。

また、「また刑務所に送って。五十肩で入院だなんて。これを許可した法務部もしっかりしてほしい」「脳腫瘍を宣告された人も拘束されるというのに…。五十肩の治療を理由に犯罪者をずっと入院させるのか」など法務部の措置への非難も続出している。

一方で、「朴前大統領、ファイト。早い快復を願っています」など応援メッセージも寄せられている。(翻訳・編集/松村)
【レコチャコンサル】
あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 7

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事