中国の「転売ヤー」が1日に4~5トンのごみを出す?仁川国際空港が専用エリア設置へ―韓国

配信日時:2019年10月27日(日) 20時0分
中国の「転売ヤー」が1日に4~5トンのごみを出す?仁川空港が専用エリア設置へ
画像ID  1136179
25日、環球網は、免税店で大量購入する中国の代理購入者、通称・転売ヤーが出す大量のごみ対策として、韓国の仁川国際空港が来年から中国の転売ヤー専用の商品引き渡しエリアを設ける予定だと報じた。
2019年10月25日、環球網は、免税店で大量購入する中国の代理購入者、通称・転売ヤー(転売屋)が出す大量のごみ対策として、韓国の仁川国際空港が来年から中国の転売ヤー専用の商品引き渡しエリアを設ける予定だと報じた。

記事は、韓国メディア・News1の24日付報道を引用。同空港が来年1月までに第1ターミナル西ウイングに中国の転売ヤー向けの免税品包装開封用スペースを、東ウイングに専用商品引き渡しエリアをそれぞれ設置するとした。総工費は約5000万ウォン(約460万円)で、費用は同空港が負担するという。News1は、同空港で中国の転売ヤーが購入した免税品を開封することで出るごみの量が毎日4~5トンに上っていると伝えている。

これを受け、環球網は仁川国際空港の第1ターミナルの現状を紹介。「中国の転売ヤーがロビーの椅子に座り、免税店で購入した商品の包装を開封し、分類する様子が見られ、周囲は商品と梱包材でいっぱいになっていた」「空港の作業員が巨大なビニール袋を手に移動し、いらなくなった包装を速やかに拾い上げて袋に入れており、数分のうちにビニール袋の中身はいっぱいになった」などと伝えた。

そして、「3年前に済州空港で同様の光景が繰り広げられ、当時韓国メディアから中国の転売ヤーを非難する声が出た」とし、「昨年再び済州空港を訪れた時には、転売ヤーが包装を解くための専門エリアが設けられていた」と紹介している。(翻訳・編集/川尻
【レコチャコンサル】
あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事