Record China

ヘッドライン:

「日韓の溝狭まった」韓国外相の発言に韓国ネットから賛否

配信日時:2019年10月25日(金) 15時50分
拡大
24日、韓国・聯合ニュースによると、康京和外相が日韓の対立について「互いの立場に対する理解は一層深まった。両国の溝が狭まった部分もある」と述べた。写真は康外相(韓国外交部facebookアカウントより)。

2019年10月24日、韓国・聯合ニュースによると、康京和(カン・ギョンファ)外相が日韓の対立について「互いの立場に対する理解は一層深まった。両国の溝が狭まった部分もある」と述べた。

記事によると、康外相は同日、ソウルの外交部庁舎で開かれた記者会見で、元徴用工への賠償を命じる韓国最高裁の判決と日本の対韓輸出規制強化措置などによって生じた日韓の対立を解消するための協議の状況について「溝はまだ深い」としながらも上記のように述べた。

また、「溝が縮まった具体的な部分は?」という質問には「両国が互いにタイミングを見計らって公開する」と言葉を濁したという。これについて記事は「『1+1(日韓企業による基金の設立)』案の修正案に対する議論が行われたのではないか」と分析している。ただ、康外相は修正案について言及するには「まだ早い」とし「韓国は原則として司法にのっとった解決を望んでおり、『1+1』案を含め他の要素も考慮しながら協議を進めている」と話したという。

また、来月22日に終了する日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)については「日本の不当な輸出規制措置が原因だ」「現段階では協議の対象ではない」としながらも「日本が輸出規制措置を撤回するならGSOMIAの破棄決定について再考する意向がある」と明かしたという。

これに韓国のネットユーザーからは「国益については全く考えずプライドばかり高い」「GSOMIA破棄は輸出規制とは別の独立的な事案だ。一緒に考えるべきではない」「韓国は以前、日本から270億ドルを受け取ったのにまだお金を要求するの?」「被害者は賠償よりも先に謝罪を望んでいるのに、政府はお金で解決しようとしている」「妥協せず敵に回してばかり。認めるべきことは認めてこそ国家が存在する」「簡単な問題を難しく考え過ぎている。日韓請求権を認めてGSOMIAも継続するべきだ」「韓国が国家間の約束を破って日本に謝罪とお金を要求するから、日本は輸出規制をした。それなのに輸出規制を撤回しろと言うのは間違っていると思う」など外交部の姿勢に批判の声が上がっている。

一方で「GSOMIA終了に賛成」「今回こそは後に引くべきでない」「GSOMIAの破棄決定は当然だ。これ以上維持する必要はない」「日本が輸出規制を撤回するまで絶対にGSOMIAに復帰しては駄目だ」など肯定的なコメントも見られた。(翻訳・編集/長居)

【新型肺炎】
リアルタイムで世界の患者数を確認する

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

日韓関係悪化の構造的要因は「韓国の中国依存」の加速=「離米」「南北融和」進み日本の存在感が低下―「中朝蜜月」も民族統一にプラスと見る 

日韓関係が最悪の状態に陥っている背景には、韓国の中国依存度が飛躍的に増大し日本より中国との関係を重視するようになったという冷徹な構造要因がある。トランプ米大統領の在韓駐留米軍をコストと見る「自国第一主義」も影を落としている。

八牧浩行
2019年10月7日 7時0分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング