Record China

ヘッドライン:

韓国、第3四半期のGDP成長率はわずか0.4%、市場の予想下回る―米華字メディア

配信日時:2019年10月24日(木) 13時50分
拡大
23日、米華字メディア多維新聞は、韓国の第3四半期のGDP成長が市場の予測を下回ったと報じた。写真はソウル。

2019年10月23日、米華字メディア多維新聞は、韓国の第3四半期(7~9月期)のGDP(国内総生産)成長が市場の予測を下回ったと報じた。

記事は、韓国銀行(中央銀行)が発表した速報データで、韓国の今年第3四半期のGDPが前の期に比べて0.4%の増加にとどまり、0.5%増という市場の予測を下回ったことが明らかになったと伝えた。

一方、対前年同期比では2%の成長となり、第2四半期と同じ成長率を保ったとしている。また、韓国のGDPの半分近くを占める個人消費はわずか0.1%の成長にとどまり、第2四半期の0.7%増を大きく下回ったという。

さらに、9月の生産者物価指数は前年同期比で0.7%の減少となったほか、中国をはじめとする世界的な需要の疲弊により、今月1~20日の輸出額も前年同期比19.5%減と大きなマイナスになったとのこと。

記事は、李柱烈(イ・ジュヨル)韓国銀行総裁が9月の時点で「国内需要の疲弊と外部の不安定要素により、韓国経済の下降リスクが高まっている。年間の経済成長率は、予想の2.2%を下回るかもしれない」と語っていたこと、格付け会社スタンダード・アンド・プアーズも、7月に2.4%から2.0%に引き下げていた今年の韓国のGDP成長率予測をさらに1.8%に下方修正したことを伝えた。(翻訳・編集/川尻

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

韓国の消費者物価、史上初のマイナスに=デフレ懸念高まり「日本が歩んできた道と似ている」と主要紙

韓国の9月の消費者物価が史上初めてマイナスを記録し、景気低迷と物価下落が重なるデフレを懸念する声が高まっている。朝鮮日報は「長期不況を経験した日本が歩んできた道と似ている」と警鐘を鳴らしている。写真はソウル。

Record China
2019年10月6日 11時20分
続きを読む

ランキング