Record China

ヘッドライン:

王岐山副主席の日本訪問が特別といえる3つの理由―中国メディア

配信日時:2019年10月23日(水) 15時20分
拡大
2019年10月22日、中国メディアの観察者網は、天皇陛下の「即位礼正殿の儀」に出席するために王岐山(ワン・チーシャン)国家副主席が日本を訪問したことが、特別であると言える三つの理由について分析する記事を掲載した。

記事は、22日の「即位礼正殿の儀」に出席した王国家副主席は、習近平(シー・ジンピン)国家主席の特使として日本を訪問したと紹介。この訪日には三つの特別な点があるという。

その一つが王副主席の「地位」。「国家副主席」が習主席の「特使」として訪日したことが特別だという。記事は、「今年、習主席の特使として派遣された人は11人いて、その多くが外国の元首就任式などへの出席だが、派遣されるのは正部級(省級)部長や全国人民代表大会、中国人民政治協商会議全国委員会などの副国級幹部だった」と紹介。しかし、王副主席は「正国級」の幹部であるため、特別だという。

二つ目は「日本へ特使を派遣した」こと。中国が日本へ特使を派遣したのは1989年の昭和天皇の大喪の礼に出席した時で、90年の天皇即位の礼の際は「特使」ではなく「政府代表」を派遣したと紹介。今回「特使」を派遣したことは、「中国が日中関係を重視していることを示している」と分析した。

三つ目は「10年ぶりの訪日」となったこと。記事は、王副主席は外国訪問が比較的少なく、日本訪問は極めて少ないと指摘。前回の訪日は2009年のことで、当時副首相だった王副主席は第2回日中ハイレベル経済対話の中国側の代表団団長として訪日したと紹介し、「10年の時を経ての訪日は特別である」としている。(翻訳・編集/山中)
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

関連記事

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング