Record China

ヘッドライン:

高速鉄道に続く中国の「名刺」、日米に危機感抱かせる―中国メディア

配信日時:2019年10月24日(木) 8時0分
拡大
23日、BWC中文網は、高速鉄道に続く中国のハイテク経済を象徴する「名刺」について紹介する記事を掲載した。写真はC919。

2019年10月23日、BWC中文網は、高速鉄道に続く中国のハイテク経済を象徴する「名刺」について紹介する記事を掲載した。

記事は、今の中国のハイテク製造を最も代表し得る「名刺」的存在は間違いなく高速鉄道だとしたうえで、中国はこれに満足することなく、人工知能を利用したスーパー高速鉄道、大型旅客機、人工太陽など、さまざまな「新たな名刺」づくりに取り組み、成果を出しつつあるとした。

そして、時速600~800キロの超高速リニアモーターカーが成都―重慶間、さらには深セン―上海間で計画されており、近い将来に登場する予定であると紹介。次に、エアバス320やボーイング737の有力なライバルとなり得る国産の大型旅客機C919が開発の最終段階に入っており、2021年の発売を目指していると伝えた。

さらに、石油に代表される化石燃料エネルギー供給をめぐる世界的な問題やトラブルが後を絶たない中、中国はクリーンエネルギー開発を進めており、数十年以内には世界初の発電用人工太陽プロジェクトが完成する見通しだとしたほか、原子力発電設備の建設、設置においても世界先進レベルに到達していると紹介。特に、独自設計による第3世代原子炉「華龍一号」について取り上げ、「高速鉄道に続く中国経済の新たな名刺」と評価。米国や日本のエネルギー工業に大きな危機感を抱かせる存在だとしている。

記事は、現時点で英国、フランス、タイ、ケニア、インドネシアなど20カ国が「華龍一号」に対して強い興味を示していると伝えた。(翻訳・編集/川尻

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

関連記事

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング