訪日した韓国首相「日韓友好の歴史を損なうのは愚か」=韓国ネット「悪化させたのは誰?」「日本とは親しくするべき」

配信日時:2019年10月23日(水) 14時10分
「日韓友好の歴史を損なうのは愚か」韓国首相の発言に韓国ネットは…
画像ID  1135565
22日、韓国メディア・韓国日報によると、天皇陛下の「即位の礼」に出席するために来日した韓国の李洛淵首相が東京・新大久保を訪れた。画像は韓国国務総理秘書室facebookアカウントより。
2019年10月22日、韓国メディア・韓国日報によると、天皇陛下の「即位の礼」に出席するために来日した韓国の李洛淵(イ・ナギョン)首相が東京・新大久保を訪れた。

記事によると、李首相は22日午後、JR新大久保駅を訪れ、01年に同駅のホームから転落した男性を助けようとして犠牲になった韓国人留学生・李秀賢(イ・スヒョン)さんとカメラマンの関根史郎さんの慰霊碑に献花した。

李首相は献花後、取材陣に対し「人間愛は国境を越えるということを2人が見せてくれた。このような献身的な精神を追悼するために来た」と話した。さらに金大中(キム・デジュン)元大統領の言葉を引用して「日本と韓国には長く見ると1500年にわたる交流の歴史がある。不幸な歴史は50年にも満たない」「50年にも満たない不幸な歴史のせいで1500年にわたる友好・協力の歴史を損なうということは愚かなことだ」と語ったという。

その後、李首相は韓国料理店などが立ち並ぶ新大久保のコリアンタウンを訪れた。過去に韓国メディアの東京特派員だった李首相は、日本の記者団に「(天皇陛下の即位の礼で)日本の伝統文化と歴史の重さを感じた」と日本語で話したという。

これに韓国のネットユーザーからは「どうせパフォーマンスでしょ」「自分たちが日韓関係を悪くしたくせに…」「誰が日韓関係を悪化させたか分かっているの?」「政府と与党が反日を扇動し始めたのを忘れたの?」「すでに背を向けた日本の政治家たちがまた向き直ってくれるとでも?」「国民には反日って言っておきながら自分は日本に行って親切なふり。反日はもうやめようってことか」など批判的なコメントが相次いでいる。

一方で「日本は隣の国だから顔を合わせないわけにはいかない。しっかり解決されたらいいな」「日本に過去の信頼を損ねたことを謝って積極的に態度を改めれば日本も受け入れてくれるだろう。国益のために日本とは親しくするべきだ」など日韓関係の改善を望む声も上がっている。(翻訳・編集/長居)
【レコチャコンサル】
あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 13

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • 匿名係***** | (2019/10/28 19:24)

    韓国がどうなろうが、我々には関係ない。 ますます信頼できなくなるだけ。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • cab***** | (2019/10/26 18:30)

    韓国としては、あれほどアメリカからの圧力を受けGSOMIAを元に戻したくて仕方ないのだが、一旦振り上げた手を下すにはそれなりの言い訳がいるため、ここへきて文大統領の親書か何か知らないが、破棄の期限である11月22日までに結果は別にしてどうしても首脳会談を開きたいのだろう。日本側が11月は会談は行わず、12月に短いものを行うとしたのは、極めて賢明であると思う。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • アメポ***** | (2019/10/23 23:29)

    相当マズイ状況になってきてるんだろうねえ。 結局のところ、北による半島統一も文 在寅の支持率如何なんだから、黒電話が文 在寅を罵り始めた時点で「見切り」を付けてたって事かもしれないね。 そしてそれと呼応する様に、今度はそれまで韓国を批判してきた安倍が掌返して「韓国は重要な国」とか言い始めたし。 で、このまま韓国人が言うところの熱しやすく冷めやすい「鍋根性」で鎮静化してしまえば、あれだけ熱心に不買運動してた日本製品も再び売れ始めてこの騒ぎも忘れ、戦略物資の国産化も「何それ美味しいの?」状態になるんだろう。 まあ、瀬取りや横流し問題は、有耶無耶にせずにはっきりさせて欲しいけどね。それしないうちにホワイト国に戻すとかも有り得ないし。
    このコメントは非表示に設定されています。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事