Record China

ヘッドライン:

香港デモから4カ月、最近の街のようす

配信日時:2019年10月21日(月) 20時0分
拡大
6月に抗議活動が始まって以来、早くも4カ月経った香港。以前にこちらでご案内をしたカエルのぺぺは、相変わらず香港の至るところで見かける。またポストイットなど小さな紙を繋ぎ合わせるて作った抗議に関係する紙アートが各地に出現している。
(1/8枚)

6月に抗議活動が始まって以来、早くも4カ月経った香港。今回は最近の街の様子をお伝えしたい。以前こちらでご案内をしたカエルのぺぺ。このぺぺは相変わらず、香港の至るところで見かける。またレノンウォールでポストイットを利用したメッセージが貼られるようになったのがきっかけだと思われるが、ポストイットなど小さな紙を繋ぎ合わせるて作った抗議に関係する紙アートが各地に出現している。ある地下道に出現したぺぺのアートは、人々が歩く地面に作られているため、既に消えかけている。またぺぺグッズを販売する小売店をよく見かけるようになった。

その他の写真

そして先般ご案内をしたもの香港と加油(がんばれ)をあわせたアンビグラム。アンビグラムもまだまだ健在で、街を少し歩けば、すぐに見つかる。壁には色々なものが描かれているが、少し近づいてみていくと、黄色のアンビグラムが描かれていた。

ぺぺ以外に、最近は「ピンク色の豚」もデモ隊のメッセージで利用されているのをよく見かける。写真の「ピンク色の豚のチラシ」は、デモ隊がターゲットとしている店舗などについて説明がされていた。

新しい状況としては、色取りどりの鶴を折って祈りを捧げる光景が各地で行われるようになってきた。鶴の写真は、郊外住宅エリアのショッピングモール内で見かけたもの。モール内に抗議者が集まり、鶴を置いていく光景が見られた。鶴にはメッセージがかかれたものもあった。(提供/フライメディア)

※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
※株式会社フライメディアは、映像制作を中心に、海外、主に中国、台湾、香港のリサーチ、撮影コーディネーションサービスをご提供している会社です。 本日御紹介した「香港デモから4カ月 最近の街のようす」関連についてもっと知りたい方は、是非弊社のホームページをご覧頂き、お問い合わせください。

http://flymedia.co.jp/

関連記事

香港~街に溶けこむデモの痕跡~

逃亡犯条例改正案を発端とした抗議活動も発生後100日を越えた。活動の内容や様子も日々変わってきているが、今回は街で見かけたデモの痕跡についてお伝えしたい。

フライメディア
2019年9月24日 18時50分
続きを読む

香港より中秋節快樂

6月以降「逃亡犯条例」改正への抗議でざわついている香港だが、年に1度の中秋節を各地で祝うことができた。例年より人出も少なくささやかな祝いのように見受けられたが、ランタンで街が彩られることで、人々の気持ちも多少リラックスできたのではないだろうか。

フライメディア
2019年9月18日 19時0分
続きを読む

今は貴重!九龍皇帝の残したアートが見られる場所

九龍皇帝(King of Kowloon)の存在はご存知だろうか?昔皇帝から香港九龍の土地を譲り受けたと主張をしていた彼は、「九龍こそは自分の土地である」という自らの主張を、道や電柱、建物の壁やポストなど至るところに書いていった人物だ。

フライメディア
2019年8月27日 23時50分
続きを読む

香港のレノン・ウォール、合言葉は「水のようになれ」

先般、香港の街に多数出現しているレノン・ウォールについて書いた。そこに貼られているポストイット内の言葉を見ていくと、多くの人により同じ言葉が使われていることに気づく。広東語がメインだが、英語もある。その1つが「BE WATER」という言葉だ。

フライメディア
2019年8月9日 22時40分
続きを読む

香港中に出現している心の叫び「レノン・ウォール」

「逃亡犯条例」改正案への抗議が続いている香港。このところ毎週末行われるデモの様子は、メディアを通じて世界中へ配信されている。ただ、抗議はデモ行進だけに留まっていない。今回は香港中にできている「レノン・ウォール」についてご紹介したい。

フライメディア
2019年7月30日 19時40分
続きを読む

ランキング