Record China

ヘッドライン:

中国には「隠れた飢餓」が3億人以上―米華字メディア

配信日時:2019年10月24日(木) 10時0分
拡大
米華字メディアの多維新聞は20日、「中国の『隠れた飢餓』人口は3億人以上」とする記事を掲載した。資料写真。

米華字メディアの多維新聞は20日、「中国の『隠れた飢餓』人口は3億人以上」とする記事を掲載した。

記事はまず、「微量栄養素の摂取が長期にわたって不足すると、人体には発育不全、体力低下などさまざまな健康問題が起こる」とし、「世界保健機関(WHO)はこの現象を『隠れた飢餓』と称している」と説明。これに該当する人が中国には3億人以上いるとした上で、中国・人民日報が「作物の栄養強化でこの問題に対応できる」と報じていることを紹介した。

作物の栄養強化とは、主に品種改良によって農作物に含まれる微量栄養素の量を増やすというもので、中国は水稲、小麦、トウモロコシ、サツマイモの4大作物で鉄分、亜鉛、ビタミンAの含有量引き上げを目指すプロジェクトを展開してきたという。記事は「隠れた飢餓」の改善、解決に向けたプロジェクトは中国ですでに目立つ成果を出しているとし、最も突出しているものとしてβカロテンを多く含むサツマイモの登場を挙げた。

なお、この問題をめぐっては、中国・北京青年報が20日、「現在、『隠れた飢餓』状態にある人は世界で20億人以上。3億人を超える中国は厳しい挑戦を突きつけられた国の一つ」との指摘があることを伝えている。(翻訳・編集/野谷

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング