深セン、「有料自習室」が受験生に間で大人気に

配信日時:2019年10月19日(土) 22時0分
深セン、「有料自習室」が受験生に間で大人気に
画像ID  1134589
最近、深センに登場している有料の自習室が大きな話題になり、多くの受験生の勉強場所になっている。
「コーヒー一杯分のお金で、半日は静かに勉強ができる」、「図書館は満席のことが多いし、喫茶店は少しうるさいので、この実習室は受験生にぴったり」……。最近、深センに登場している有料の自習室が大きな話題になり、多くの受験生の勉強場所になっている。そして、「有料自習室」を開くというのが新たな人気起業プロジェクトとなっている。市民の間では、数十元(1元は約15.4円)で数時間静かに、快適に勉強できるならお得だと好評を博している。取材では、8月以降、深センでは、有料の自習室が10軒以上新たにオープンし、大人気となっていることが分かった。中には事前に予約が必要なほどの自習室もあるほどだ。工人日報が伝えた。

今月15日午後7点ごろ、深セン福田区上梅林にある自習室「有間自修室」では、10数人の若者が自分の席に座り、勉強に没頭していた。同自習室には、自習エリアと公共エリアの2エリアがあり、自習エリアには52席が設置されている。

「有間自修室」は、留学帰国者3人が共同で立ち上げた。自習室を開こうと思った理由について、共同創始者の一人である蘇家輝さんは、「今年初め、深セン市図書館で、基金関係の資格を取得するために勉強しようと思った時、図書館はいつも満席であることに気付いた。深センは若者が多く、いろんな職業の資格を取るために勉強をしている人もとても多い。それで、勉強できる場所を必要としている人がとても多いだろうと思った」と説明する。

4月、有料図書館のマーケティングリサーチを行った後、蘇さんは別の共同創始者2人と、有料自習室を開くことにした。今年9月、「有間自修室」を開いた時、深センの有料の自習室は昨年の1軒から既に10数軒に増えていたという。

自習室の公共エリアで夜ご飯を食べていた女性の王さんは、「深センの各図書館はとても混んでいて、朝早くに行って並んでも席を確保できるか分からない。喫茶店はうるさくて、勉強する雰囲気ではない。今年7月に、インターネットで有料自習室があるのを知ってから、よくそこで勉強するようになった。今は英語の試験勉強をしている」と話した。

王さんによると、「有間自修室」がオープンしてすぐにここに来るようになった。前はよく「時時早自習室」という「老舗」の自習室に行っていたけど、2日前には予約しなければならないほど混んでいたという。

「時時早自習室」とは昨年末にオープンした深セン初の有料自習室だ。今月16日に予約システムを見てみると、38席ある石厦支店は17日ほぼ予約でいっぱいになっていた。空席があるのは午前8:00-10:00と午前8:00-午後1:00で、2席しか空いていなかった。

現在、深センの有料自習室の料金は1時間当たり平均9元。割安なカードや1週間使い放題、1カ月使い放題、3カ月使い放題などカードもあり、営業時間も長く、無料で飲み物やおやつが提供されている。

「お金を払って自習」というのは既に中国では珍しいことではなくなっている。取材では、深センのほか、上海や合肥、青島にも有料自習室があることが分かった。(編集KN)
※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【レコチャコンサル】
あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事