中国自動車メーカーが破産危機?「焦る必要ない」と中国メディア

配信日時:2019年10月19日(土) 6時20分
中国自動車メーカーが破産危機?「焦る必要ない」と中国メディア
画像ID  1134448
17日、米華字メディア多維新聞は、中国の一部自動車企業ついて破産間近との情報が流れたことに対し、中国メディアから「焦る必要はない」との論調が出たことを報じた。資料写真。
2019年10月17日、米華字メディア多維新聞は、中国の一部自動車企業ついて破産間近との情報が流れたことに対し、中国メディアから「焦る必要はない」との論調が出たことを報じた。

記事は、中国乗用車市場情報聯席会のデータで、今年9月の中国における狭義の乗用車販売台数が178万1000台で前年同期比6.5%減となったことを紹介。1~9月の累計も1478万2000台で同8.6%減ったことが明らかになったとした。

そして、猎豹汽車、衆泰汽車、華泰汽車、力帆汽車の自動車メーカー4社について、年内に破産手続きに入るとの情報が中国のネット上で拡散して波紋を広げており、4社とも相次いでこの情報を否定したものの、市場における中国メーカーに対する憂慮が高まっていると伝えた。

また、この状況の中で、中国メディアの経済日報が「一部の自動車企業が破産されても、焦る必要はない」との評論記事を掲載したことを紹介。経済日報は「中国の自動車市場は15カ月連続でマイナス成長となり、自動車産業が重大な調整期を迎えている。多くのメーカーやディーラーにとっては痛みを伴うもので、競争力のない企業が淘汰されるのは時間の問題だ」としたうえで、「このような調整は中国の自動車産業にとってはむしろ必要だ」との見方を示したという。

経済日報は記事の中で、中国の自動車企業はこれまで真の意味での淘汰の大波を経験したことがなく、国内に130あまりのメーカーが乱立する「数は多いが強くない」状態になっていると指摘。現状では業界全体がイノベーション能力、資源利用効率、産業構造レベルなどあらゆる面で自動車先進国から大きな差をつけられているとし、「十分な市場競争を潜り抜けてこそ、企業は世界クラスのブランドを持つ巨頭になれるのだ」と論じた。(翻訳・編集/川尻
【レコチャコンサル】
あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 2

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • ato***** | (2019/10/19 17:08)

    最終的に生き残るのは人民解放軍の技術者が作った自動車メーカーだろう。むしろこれまで非解放軍系のメーカーが存在したことが不思議である。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • はやぶ***** | (2019/10/19 10:25)

    日本も60年以上前の乗用車黎明期は、メジャーな大手企業の他にも様々な中小企業が雨後の筍のように林立して、欧米先進国の乗用車を買い込んでは分解したり、ライセンス契約を結んだりして、見よう見真似で個性的な乗用車を造っていた、その中には町工場レベルの小さな企業が数多く存在していた、それらは大手企業に吸収されたり、自動車以外に転業したり、或いは淘汰されて行ったりした、中国も当時の日本と同じく自動車の黎明期で、それこそ利益以上に自動車を造りたくて創業した企業も多いのだろう、そして中国の自動車産業が進歩するにしたがって、かつての日本のように、吸収合併したり、自動車以外に活路を見いだしたり、競争に付いていけず廃業するメーカーが存在するのは自然な流れだと思う、だから自分も経済日報の評論通り焦る必要は無いと思う
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事