2019年はパンダと一緒に!カレンダー発売中

リン・チーリン、男性ファンの“魔の手”に苦笑い…「駄作の女王」酷評にも前向き発言―中国

配信日時:2013年8月8日(木) 19時20分
リン・チーリン、男性ファンの“魔の手”に苦笑い…「駄作の女王」酷評にも前向き発言―中国
画像ID  393456
6日、台湾の女優リン・チーリンが陝西省西安市で、食品メーカーのイベントに登場。ファンの男性が彼女の背中に手をまわしたシーンで見せた苦笑いの表情が話題になっている。
2013年8月6日、台湾の女優リン・チーリン(林志玲)が陝西省西安市で、食品メーカーのイベントに登場。ファンの男性が彼女の背中に手をまわしたシーンで見せた苦笑いの表情が話題になっている。華商網が伝えた。

6日、食品メーカーのイベントに出席したチーリンは、背中が大きく割れたセクシーなドレス姿。客席から選ばれたファン数人がステージに招かれ、チーリンと密着するチャンスも設けられた。男性ファンが彼女の背中に手を回すと、会場からは絶叫が起こるほど。この時、チーリンの見せたやるせない苦笑いが、すぐさまネット上で話題になった。

今年後半には、映画2本の公開を控えている。今年上半期、最新作として公開された「天機・富春山居図」は香港の大スター、アンディ・ラウ(劉徳華)との共演作だったが、世間からは「史上最悪の駄作」と言われる結果に。台湾でのプレミア上映会も急きょ取り消しになるほどの不評で、興業面は惨たんたるものだった。同作は彼女に「駄作の女王」のレッテルまでもたらした。

世間からの悪評について本人は、「私は将棋のコマの一つなので、誰がどのように私をコントロールし、どんな結果が出るかまでは考えられない」とコメントした。「天機・富春山居図」について聞かれると、「ストーリーもいいし、映像も美しかった。それでも世間からは駄作と言われてしまった。でも、もう過ぎたことだから、みんなが笑ってくれればそれでいい」と、前向きな発言をしている。(翻訳・編集/Mathilda
最新ニュースはこちら

SNS話題記事