韓国、自主開発した戦闘機は「F-35に比肩」と主張―中国メディア

配信日時:2019年10月19日(土) 0時40分
韓国、自主開発した戦闘機は「F-35に比肩」と主張―中国メディア
画像ID  1134093
16日、環球網は、韓国が開発する戦闘機KF-Xについて、開発メーカーが「性能面でF-35に比肩しうる」とコメントしたと報じた。写真はF-35。
2019年10月16日、環球網は、韓国が開発する戦闘機KF-Xについて、開発メーカーが「性能面でF-35に比肩しうる」とコメントしたと報じた。

記事は、米国のオンライン軍事誌ディフェンス・ブログの15日付報道を引用。韓国が自ら開発する第4.5世代戦闘機KF-Xが厳しい設計審査を通り、プロトタイプ開発の段階に入ったと伝えた。

また、飛行機のフルサイズ模型が今月15-20日に行われているソウル航空宇宙・国防展覧会で初めて公開されると紹介。自前の電子スキャン式フェーズドアレイレーダーを搭載し、最大離陸重量25.6トン、最大有効積載量7.7トンで、飛行速度は最高マッハ1.8、巡航距離は2900キロとなっているとしたほか、米国のミサイルシステムとの互換性を持つ一方で、現時点で米国がミサイルの輸出許可を出していない状況だと伝えた。

さらに、韓国の航空機メーカー韓国航空宇宙産業(KAI)が同戦闘機について「4.5世代と称されるが、第5代戦闘機であるF-35Aと似ている。ランニングコストは米国のステルス戦闘機の半分で、なおかつF-35Aに近いハイテク機動力を備えている」と説明したことを紹介している。

記事は、開発に進展が見られた一方で、計画はなおも課題が存在すると解説。まず、潜在的な資金不足を挙げ、同機唯一の国際協力パートナーとして約13億ドル(約1400億円)の出資をする予定のインドネシアが、そのわずか13%にあたる1億9000万ドル(約210億円)しか支払っていないと伝えた。

また、国産の電子スキャン式フェーズとアレイレーダーに注目が集まる一方で、このレーダー開発が同機の計画において最も大きな試練になるとの見方が専門家から出ているとした。(翻訳・編集/川尻
【レコチャコンサル】
あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 11

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • chi***** | (2019/10/20 14:15)

    ロケットにしてもこれにしても、この手のニュースが言わんとしているのは、「韓国はかようにホラ吹きです。」と言う、実例を挙げての記事にしか見えません。 耳を疑ったんだけど、F35と同等のものが、うんと、安くできまっせえー、と言ってるようですが。本当!? 米国ミサイルシステムと互換といいながら、米国はまだ許可していない。何片想いかよー。 インドネシアも薄々韓国のホラに気がついてお金出さなくなってるし。 何よー、この記事はー。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 春柴正***** | (2019/10/20 12:39)

    魚群探知機は積まないのか? あ~ あれは船でしたね 失礼こきました
    このコメントは非表示に設定されています。
  • Per***** | (2019/10/20 07:06)

    スリオンの二の舞にならないかこれ?? 発展途上国のインドネシアからお金の支援を受ける(自称)先進国って一体… 色々問題ありすぎて完成してインドネシアに輸出出来るのすら怪しいと思うんだが…
    このコメントは非表示に設定されています。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事