Record China

ヘッドライン:

日本が独占するエコプラスチック、韓国がさらに高レベルの技術を開発か―韓国メディア

配信日時:2019年10月17日(木) 12時10分
拡大
15日、韓国・京郷新聞は「韓国の研究陣がエコプラスチック技術の開発に成功した」とし、「この技術を独占していた日本の製品より強度も透明度も高い」と報じた。資料写真。

2019年10月15日、韓国・京郷(キョンヒャン)新聞は「韓国の研究陣がエコプラスチック技術の開発に成功した」とし、「この技術を独占していた日本の製品より強度も透明度も高い」と報じた。

記事によると、韓国化学研究院・蔚山(ウルサン)バイオ化学研究センターのチームが、ブドウ糖に由来する植物性成分イソソルバイドにナノセルロースという物質を混ぜた新たなバイオポリカーボネートを開発したという。

石油を原料とするポリカーボネートはプラスチックの一種で、主にガラスの代替として用いられる。しかし、環境ホルモンを誘発するビスフェノールAを含むため、韓国内では哺乳瓶や化粧品原料としての使用が禁じられているという。このため植物由来のバイオポリカーボネートが注目されているが、現在、この技術の商用化に成功したのは日本の三菱ケミカルが唯一だと、記事は説明している。

今回、韓国の研究チームが開発した技術の中核は、バイオポリカーボネートの原料、イソソルバイドにナノセルロースを混ぜることにあるという。ナノセルロースが補強材となり、強度を大幅に改善できるため、日本製品の引張強度が64~79MPaなのに対し、研究チームの製品は93MPaを記録したという。また、透過率も日本製品は87%、研究チームの製品は93%に達するとしている。

記事によると、研究チームは「自動車のサンルーフ、高速道路の透明遮音壁、スマートフォンなど電子機器の外装材などで、従来のポリカーボネートの代替として使用できる」と話した。また、ラットを用いた実験で毒性は低いとの結果が出ており「玩具、哺乳瓶、ベビーカーだけでなく、インプラント、人工骨の素材としても開発可能だ」としている。

この記事に、韓国のネットユーザーからは「おめでとうございます。うれしいニュースをありがとう」「素晴らしい。日本より劣るものなんて、絶対にない」「さすが、日本製品の代替をやってのけた」「日本製品の国産化成功、万歳」「皆さんこそ愛国者だ」「ノーベル賞ものじゃない?」「尊敬します。こういう人たちが黙々と励んでくれるから、この国がある」「やればできる韓国」「これからは素材大国として君臨することになる」など、喜びの声が殺到している。

一方、「こういう立派な研究者がいるのだから、国が基礎研究開発に投資をしていれば、もっと早く成果を出せただろうに」「人材の待遇を見直すべきだ。理工系の皆さん、頑張って」「真の国益とは、こういう人たちのような真の国家競争力を磨くことだ」など、政府への批判の声も上がっている。(翻訳・編集/麻江)

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

関連記事

韓国のK-11小銃欠陥問題、裏には「おろそかな研究開発」=韓国ネット「数十年やってきた慣行」

5日、韓国・聯合ニュースは、弾薬爆発事故や装置の亀裂など各種の欠陥が見つかり物議を醸していた韓国のK-11小銃について「研究・開発段階から問題があった」という監査結果が出たと報じた。写真は南北境界・板門店にある韓国国旗。

Record China
2019年9月9日 21時40分
続きを読む

ランキング