Record China

ヘッドライン:

北朝鮮初の中国語センターが平壌外国語大学に設立へ―中国メディア

配信日時:2019年10月18日(金) 22時50分
拡大
中国孔子学院本部副総幹事を務める馬箭飛氏と平壌外国語大学の洪敬燮学長がこのほど、ピョンヤン外国語大学中国語センターを設立する旨の協力協議書を取り交わした。写真は平壌。

中国孔子学院本部副総幹事を務める馬箭飛(マー・ジエンフェイ)氏と平壌(ピョンヤン)外国語大学の洪敬燮(ホン・ギョンソプ)学長がこのほど、ピョンヤン外国語大学中国語センターを設立する旨の協力協議書を取り交わした。同センターは、北朝鮮で初めて中国と北朝鮮が共同で設立する中国語教育機関となり、北朝鮮における中国語教育史および両国間の言語交流・協力史において重要な一里塚的な意味合いを備えることとなる。北京日報が伝えた。

現在、北朝鮮で中国語の学習を希望する人々は増加し続けており、近く設立される中国語センターは、平壌外国語大学の中国語教育センターとなるだけではなく、北朝鮮の中国語教育の中心的存在にもなる。(提供/人民網日本語版・編集/KM)

※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング