Record China

ヘッドライン:

<サッカー>快勝の日本とは対照的!中国は過去8戦全勝の相手に引き分け、韓国は北朝鮮からゴール奪えず

配信日時:2019年10月16日(水) 10時50分
拡大
15日に行われたサッカーのワールドカップ(W杯)カタール大会のアジア2次予選で、前の試合でそれぞれ大勝した日中韓の明暗が分かれた。

タジキスタンとアウェーで対戦したグループFの日本は、スコアレスで迎えた53分、中島翔哉のクロスを南野拓実が頭で合わせて先制に成功する。南野はその3分後にも、酒井宏樹のグラウンダーのクロスにかかとで合わせて2点目を奪う。さらに、途中出場の浅野拓磨もゴールを挙げ3-0で快勝。3連勝でグループ首位を守った。

一方、アウェーでフィリピンと対戦した中国は、圧倒的にボールを支配し30本以上のシュートを放ちながらもゴールが奪えずスコアレスドロー。中国は過去8度フィリピンと対戦していずれも勝利を収めていたが、9戦目にして初めて勝利を逃した。この結果、3連勝のシリアに抜かれ、グループ2位に後退した。

グループHの韓国も苦しんだ。アウェーで北朝鮮と対戦した韓国は、終始優勢に試合を進めながらも決め手を欠き0-0。南北による全勝対決はドローとなり、勝ち点1ずつを獲得。得失点差で韓国が首位を守っている。なお、北朝鮮での南北戦は29年ぶりのこと。試合は無観客で行われ、韓国の報道陣の受け入れが認められなかったため生中継も行われなかった。(翻訳・編集/北田
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

関連記事

<サッカー>「浦和の槙野のお祈りに爆笑」と中国メディア報道、中国ネット反論「で、負けたのはどっち?」「結果的には泣いたけどね」

中国のスポーツメディア・捜達足球は、17日に行われたサッカーのAFCチャンピオンズリーグ(ACL)浦和レッズ対上海上港(中国)の試合について、「浦和のDF槙野智章が見せた祈りがサポーターを爆笑させた」と伝えた。資料写真。

Record china
2019年9月18日 20時20分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング