Record China

ヘッドライン:

「文大統領が朴前大統領と同様の危機に」海外メディアの指摘に韓国ネットも納得?

配信日時:2019年10月17日(木) 7時40分
拡大
15日、韓国・文化日報によると、米ブルームバーグが「文在寅大統領は朴槿恵前大統領と似た危機に瀕している」と分析した。写真は朴前大統領。

2019年10月15日、韓国・文化日報によると、米ブルームバーグが「文在寅(ムン・ジェイン)大統領は朴槿恵(パク・クネ)前大統領と同様の危機に瀕している」と分析した。

記事によると、ブルームバーグは同日、「3年前の文大統領は、国民の意思を無視して起訴された朴前大統領を追い出そうとするソウルの大衆の間にいたが、現在は自身の大統領職が同様の危機を迎えている」と報じた。また「文大統領はチョ・グク前法相が一連の大規模デモを受け入れて辞任した後、国民に対して謝罪せざるを得なかった。チョ前法相の辞任は、5週間前に行われていた彼とその家族の不正に対する捜査を無視して法相の座に座らせた文大統領にとって衝撃的な挫折である」とした。さらに「今回の事件は、文大統領が任期5年の後半期に山積みのスキャンダルに追われる韓国大統領らの上昇-下降サイクルを打ち破れなかったことを示している」と指摘したという。

これを受け、韓国のネット上では「これこそまさに真実」「韓国では見られない正確なニュース」など「的確な指摘だ」と評価する声が上がっている。

また「今の文大統領は3年前とは比較にならないほどの危機。弾劾が差し迫ってる状況なのに主体思想派が体を張って防いでいる」「朴前大統領の時の基準なら文大統領はすでに10回弾劾されていてもおかしくない」「朴前大統領のことは本当に嫌だったけど、今考えてみると文大統領よりよっぽどマシ」「似てるだって?朴前大統領は誰かに押されて転んだ、文大統領は勝手に足をもつれさせて転んだという大きな違いがある」と批判するコメントも続出していた。(翻訳・編集/松村)

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

韓国法相の電撃辞任、背景には「危機を感じた大統領府」?=韓国ネット「もう民心は離れた」

15日、韓国・朝鮮日報は「チョ・グク氏が法相を電撃辞任した背景には青瓦台の要求があった」と報じた。青瓦台はチョ氏に辞任の日を三つ提案し、選択するよう要求した。チョ氏はこのうち最も早い日を選択し辞任を発表したという。写真はチョ氏。

Record China
2019年10月15日 16時0分
続きを読む

ランキング