Record China

ヘッドライン:

日本に来ていた中国の駆逐艦、どうやって台風19号をやり過ごしたのか―中国メディア

配信日時:2019年10月15日(火) 15時20分
拡大
中国メディアの環球時報は15日、観艦式に参加するため日本を訪れていた中国の艦艇が、台風19号をどのように避けたのかについて紹介した。

台風19号は「人類史上最強クラス」と言われ、日本各地で多数の死傷者を出したほか、パナマ船籍の貨物船が東京湾で沈没する事故も発生した。14日に予定されていた観艦式は中止を余儀なくされ、招待を受けて日本を訪れていた各国の艦艇が台風に対する備えを行った。

記事によると、元中国海軍艦艇の艦長は、台風への対応には「港での停泊」「付近の海域で錨泊(錨をおろして停泊する)」「移動する」の三つがあると紹介。一般的に、台風の勢力が強くなるにつれ後者を採用するとした。

今回、日本を訪れていたミサイル駆逐艦「太原」は10日午後に横須賀を離れ、西南に航行、11日には大阪湾付近の海域に到着して台風19号をやり過ごしたという。

なお、14日午前に再び東京に戻った「太原」は、被災者に向けた見舞いの言葉が書かれた横断幕を掲げた。(翻訳・編集/北田
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

関連記事

台風前の買い込みで空になった商品棚、でも韓国製品だけ売れ残る=中国ネット「あれは確かに…」「日本人のコメントは理性的だな」

13日、新浪新聞の微博アカウント・微天下は、台風を前にしての買い込みでも、韓国製品は売れ残っていたと日本メディアが報道したことを伝えた。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。写真は韓国のインスタントラーメン。

Record China
2019年10月14日 11時30分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング