Record China

ヘッドライン:

上海ディズニーホテルのカードキー偽造、朝の「怪しい」光景から発覚―中国メディア

配信日時:2019年10月17日(木) 13時40分
拡大
先日、上海ディズニーランドの直営ホテルのルームキーを偽造し販売したとして、容疑者らの一部が逮捕された。写真は上海ディズニーランドのエントランスチケット。

上海ディズニーランドの直営ホテルのルームキーを偽造し販売したとして、容疑者らの一部が逮捕された。14日付で中国メディア・新民晩報が伝えた。

上海ディズニーランドでは、パーク直営ホテルの宿泊客と“アーリーパークエントリーパス”の購入者に、開園時間の約1時間前からパークに入場できる“アーリーエントリー(事前入場)”のサービスが提供されている。パスの購入者は正面玄関からの入場となるが、直営ホテルの宿泊客はルームキーとエントランスチケットを提示することで、ディズニータウン側の再入場口からの事前入場が可能となる。

7月18日朝、浦東地区の警官がパトロールに当たっていたところ、まだパーク直営ホテルとディズニータウン側の再入場口を結ぶリムジンバスの始発が出ていない時間帯にもかかわらず、再入場口付近にいる人の数が通常の数倍ほど多いことに気付いたという。「怪しい」と感じた警官が調査したところ、その場にいた客らはインターネット上の店舗から“アーリーエントリーサービス”という商品を購入し、偽造ルームキーを手にしていたことが分かった。

さらに、警察はその後の調べで張(ジャン)という人物が9人の協力者と偽造ルームキーの販売で利益を得ていたことを突き止めた。浦東新区の警察は全員の身柄を確保し、そのうち5人をすでに逮捕したという。

記事は、「上海ディズニーランドのチケットや直営ホテルの関連サービスはパークの公式アプリや微信(WeChat)からしか購入できない。詐欺被害を防ぐため、インターネット上の店舗に出回っているさまざまなサービスを容易に信じないように」と呼び掛けた。(翻訳・編集/岩谷)

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

2021年に北京にオープン予定のユニバーサル・スタジオは、ディズニーランドのライバルとなるか?―中国メディア

北京市通州区文化旅行区管理委員会の趙軍主任は5月31日、2013年にプロジェクトがスタートした北京通州区に建設中の「ユニバーサル・スタジオ北京」が20年末に完成し、21年上旬のプレオープンを経て正式に開園する予定であると明かした。

Record China
2019年6月12日 20時50分
続きを読む

ランキング