日本の映画監督が中国の観客に苦言=「中国では当たり前かもしれないが、日本ではありえない」―中国メディア

配信日時:2019年10月15日(火) 11時20分
日本の映画監督が中国の観客に苦言=「日本ではありえない」
画像ID  1133444
11日、騰訊網に、山西省平遥県で開かれた映画祭で日本の映画監督が中国の観客に対して映画館内での撮影に関する苦言を呈したことを紹介する文章が掲載された。
2019年10月11日、騰訊網に、山西省平遥県で開かれた映画祭で日本の映画監督が中国の観客に対して映画館内での撮影に関する苦言を呈したことを紹介する記事が掲載された。

記事によると、日本のホラー映画「犬鳴村」が11日に第3回平遥国際映画祭で上映され、記者会見と舞台あいさつに清水崇監督が登場した。清水監督は、上映中に観客が作品をカメラで録画する行為があったとし、あるファンが録画した動画を清水監督に見せながら「このシーンが一番好きです」などと話しかけてきたと説明した。

その上で、「中国では当たり前かもしれないが、日本ではありえない。監督に対して失礼であり、違法。そういうマナーを学んでほしい」と苦言を呈した。

さらに、清水監督の発言があった直後に、同映画祭の公式サイトは「作品の録画や海賊版行為の撲滅に関する声明」を発表し、版権の保護を呼び掛けた。ネットユーザーからも「世界的に恥をかく、衝撃的な事件だ」との声が多く寄せられた。

記事は、「作品の録画は版権侵害の嫌疑をかけられるほか、他の観客の邪魔にもなる」と批判し、「中国国内では版権に対する意識が弱く、関連の法律や政策も出されていないために、作品を録画する現象がしばしば起きている」と指摘。「録画行為を撲滅するには観客の自覚と同時に、当局の早急な法整備が必要だ」との見方を示している。(翻訳・編集/川尻
【レコチャコンサル】
あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 11

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • Ken***** | (2019/10/16 16:05)

    監督本人に録画画像を見せるとか映画泥棒もビックリだなw
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 斉藤孝***** | (2019/10/16 00:52)

    高度成長期の日本も全く同じであったと思う
    このコメントは非表示に設定されています。
    7 26
  • ロビタ***** | (2019/10/16 00:33)

    権利の問題は、大切だし其れは総て自分達に降りかかって来るのだ。 今まで日本の映画やドラマが中国国内で無断で垂れ流されていた。 だから中国の企業も態々日本から権利を買う事をしなかった。 だが日本からアニメを中国で公開する権利を得ると、それ以上の幸福が得られる事をしら無過ぎる。 例えば、アニメの映像だけ見ると実は、本当の訳し方がされていないから話が良く解からなくなる事がある。 其れと日本は、広告や宣伝に力を入れているから高性能のアニメの着ぐるみやトトロの猫バスが中国の子供達の手で触れる事に成る。 コナンカフェも中国に行けるのだ。 権利を得るという大切さは、其処にもあるのです。
    このコメントは非表示に設定されています。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事