Record China

ヘッドライン:

【動画】ひまわり畑での“DIY”に批判集中=「観光には独創性よりもマナーを」―中国

配信日時:2019年10月12日(土) 16時10分
拡大
先日、安徽省黄山市の徽州区にあるひまわり畑で、観光客らによって多くのひまわりにいたずらが加えられる事態が起こった。写真はひまわり。

安徽省黄山市の徽州区にあるひまわり畑で、観光客らがひまわりにいたずらする問題が起こった。10日、中国の動画メディア・時間視頻が中国版ツイッター・微博(ウェイボー)で伝えた。

投稿された動画によると、ひまわりの種になる部分が「スマイル」や「ハート」などの形に削り取られた。目撃した観光客はインタビューに、「たくさんの観光客がひまわりの花に“DIY(Do It Yourselfの略。自分で物をアレンジすること)”を施しているのを見ました。記念写真を撮ったりするためだったようです」などと答え、「今後はあのようなことをする観光客が現れてほしくない」と語ったという。

同投稿は、今回の事態に対し、市民から「観光には独自性よりもマナーがより必要だ」という声が上がっていることを紹介。中国のネットユーザーからも「彼らは他の人のことが考えられないのか」「やるなら自分の家でやればいい」「なんだかひまわりがかわいそう」「こんなことをする人には罰金を科すべき」などの批判的なコメントが数多く寄せられている。

一方、「恐ろしさはあるけど、正直ちょっとかわいいと思った」「個人的に、これにはニーズがあると感じる。ひまわり1本につき50元(約760円)程度で好きにさせてやるというのはどうだ?(食用の)種として売るよりも大きな収益が出るだろう」といった意見も見られた。(翻訳・編集/岩谷)

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

関連記事

中国の桜の名所・武漢大学、木を揺らす見物客対策でTikTokと提携―中国

中国で桜の名所として有名な湖北省の武漢大学は18日、見物客が桜の木を揺らし、舞い散る花びらを写真や動画で撮影するなどの「非文明的な行為」を防ぐため、今年は動画SNSのTikTokと提携して「桜の雨ステッカー」を制作したと発表した。写真は武漢大学。

Record China
2019年3月20日 17時30分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング