村上春樹氏がまたノーベル賞を逃したのはなぜなのか?―中国メディア

配信日時:2019年10月11日(金) 13時30分
村上春樹氏がまたノーベル賞を逃したのはなぜなのか?―中国メディア
画像ID  1132525
10日、中国メディアの環球網は、村上春樹氏がまたもノーベル文学賞を逃した理由について分析する記事を掲載した。
2019年10月10日、中国メディアの環球網は、村上春樹氏がまたもノーベル文学賞を逃した理由について分析する記事を掲載した。

記事は、スウェーデン・アカデミーが10日、18年と19年のノーベル文学賞受賞者を発表し、18年はポーランドの女性作家オルガ・トカルチュク氏、19年はオーストリアの作家ペーター・ハントケ氏に授与するとしたことを紹介。「これは、今年も村上氏が受賞を逃したことを意味する」と指摘した。

その上で記事は、「村上氏はもう何年もノーベル文学賞受賞の有力な候補者となっている」と紹介。これは民間のブックメーカーの賭け率で毎年上位に入っていることを指しているようだが、記事は「村上氏自身は、ノーベル賞には関心を持っていないのかもしれない」と伝えた。

しかし、周囲からノーベル賞受賞を期待されているのは周知の事実だ。では、毎年のように「有力な候補者」となりながら、受賞を逃し続けているのはなぜだろうか?記事は、「ノーベル文学賞はまじめで厳粛な作品に偏る傾向がある」と指摘。村上氏の作品は「通俗的傾向が強い」ため、受賞を逃しているのではないかと分析した。

記事によると、村上氏がノーベル賞を受賞する見込みはほとんどないという見方もあるという。「彼の作品は、現実社会に対する関心度が高くはなく、純文学の世界で特別認められているわけではない」との評論家の意見を紹介し、村上氏はずっと話題になるだけかもしれないとしている。

しかし、村上氏の作品を翻訳した林少華(リン・シャオホア)氏は、「村上氏の作品は通常の意味合いの通俗文学とは異なり、知性と審美を追求したまじめな文学」と語った。そして「その文学性から言ってノーベル賞に値する」と述べ、ノーベル賞を受賞する可能性は十分にあるとの見方を示した。(翻訳・編集/山中)
【レコチャコンサル】
あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 4

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • DRO***** | (2019/10/13 18:24)

    今年の文学受賞者は、物議を呼んでいる。 ボブデイランが、貰ってて、栄作の平和賞といい、文系は権威ある?という賞になってる。 尤も、孔子平和賞よりは、まともに違いない。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • こごと***** | (2019/10/11 17:08)

    考えられるのは・・・ ①そもそも、その作風・表現手法・テーマなどがアカデミー選考委員たちの「趣味・主義・主観」と相容れない性質のものである。 ②翻訳の「表現」が原文の意図する表現をありのままに体現していない。 ③授賞のタイミングを失して余りにも毎年騒ぎになったため、選考委員が意固地になっている。 ④世界各地で人気を博して知名度が上がってしまったことが、逆に選考委員の脳裏に「後年、評価が真逆にならないとも限らない」という猜疑心を生み、「授賞させるにしても余命の尽きるまでの間に贈ってやればいい」的のんびりムードが漂っている。(でも古希過ぎてるんだけどね・・・) あと、どんな理由が考えられると皆さんは思います?
    このコメントは非表示に設定されています。
  • はやぶ***** | (2019/10/11 14:43)

    余談であるが、村上氏の小説は韓国でも大変人気が高く、あちこちの書店に著作が山積みされているが、これが不買運動される事は無さそうである
    このコメントは非表示に設定されています。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事