「革新成長」を目指す韓国、現在の国際競争力は…

配信日時:2019年10月11日(金) 9時20分
「革新成長」を目指す韓国、現在の国際競争力は…
画像ID  1132258
9日、韓国・ファイナンシャルニュースなどは、世界経済フォーラムが発表した2019年の国際競争力ランキングで、韓国が141カ国中で13位を記録したと報じた。写真はソウルの地下鉄。
2019年10月9日、韓国・ファイナンシャルニュースなどは、世界経済フォーラム(WEF)が発表した2019年の国際競争力ランキングで、韓国は141カ国中13位だったと報じた。東アジア・太平洋では5位、経済協力開発機構(OECD)加盟36カ国の中では10位だった。

記事によると、韓国は「マクロ経済の安定性」と「情報通信技術(ICT)の普及」の2部門で昨年に続き1位となった。また、「インフラ(6位)」、「革新力(6位)」、「保健(8位)」、「市場規模(14位)」、「金融システム(18位)」でも比較的高い評価を受けたという。

一方で、以前から低評価が続いていた「労働市場(51位)」は、昨年より3つ順位を下げた。項目別では「整理解雇費用(114位→116位)」、「雇用および解雇の柔軟性(87位→102位)」、「労使協力(124位→130位)」で順位を落としたという。

また「企業活力(25位)」の部門でも「創業費用(93位→97位)」、「創造的なアイデアを受容する企業(35位→42位)」、「オーナーリスクに対する態度(77位→88位)」、「破産法律体系(8位→26位)」など多くの項目で順位を下げた。記事は「政府は『革新成長』を強調しているが、現実はビジネスのしにくい国になった」と指摘している。

WEFは韓国の競争力について「持続可能で中身のある成長を実現するためには、低迷する生産性を向上させる努力が必要だ」とし「挑戦する企業家精神の育成、国内競争の促進、労働市場の二重構造と硬直性の改善が必要だ」と指摘したという。

これに韓国のネットユーザーからは「就職がとても厳しい。雇用市場があまりに低迷している」「労働市場、企業活力の下落が韓国の発展を足止めしている」「この結果はこれまでの政権の結果であって問題はこれからだ」「企業のオーナーと労働者の構造に変化が必要な時期だ」「生活の質は上がったけど、起業するのは難しいってことだ」などさまざまなコメントが寄せられている。(翻訳・編集/長居)
【レコチャコンサル】
あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 2

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • こごと***** | (2019/10/11 10:16)

    マクロ経済の安定性? 情報通信技術(ICT)の普及? なんでも結構だけれど、根本的にそれらが乗っかっている「土台」が、嘘とパクリと捏造でできているという事実を、このランキングの評価者が知っているのかというのが問題なんだよ。 海外でモノを売るとき、商品のイメージ戦略には実に巧みに「ジャパンテイスト」を練り込み、そこで日本製品より大幅に価格を落として訴求する。なんにも知らない人たちはジャパンテイスト=ジャパンクォリティと勘違いして飛びつく。そうやって販路を拡げて、今がある。 『嘘をつくことは悪いことではない』『騙される方が悪い』『嘘も百回唱えれば真実になる』 半島人の頭の中はこんな認識で満たされているんだよ? と説明しても、信じるガイジンはどこにも居ない。 そのはずである。そんな人間が人間として生存できるわけがない! 地球に棲む”人間”なら、誰しもそう思うのが当たり前なのだから・・・
    このコメントは非表示に設定されています。
  • ちゅる***** | (2019/10/11 10:05)

    > 多くの項目で順位を下げた 「職業:ストライキ」な労働貴族の連中が蔓延ってる間は無駄な努力だな。 まあでも高い評価を受けた部分があるならいいじゃない。 ホルホルしてな。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事