Record China

ヘッドライン:

ノーベル賞にますます多くの疑問―中国専門家

配信日時:2019年10月10日(木) 16時50分
拡大
中国メディアの環球時報は10日、「ノーベル賞にますます多くの疑問」と題する記事を掲載した。写真はノーベル博物館。

中国メディアの環球時報は10日、「ノーベル賞にますます多くの疑問」と題する記事を掲載した。著者は中国発展戦略学研究会副理事長で北京交通大学教授の王元豊(ワン・ユエンフォン)氏。

王氏は冒頭、「またノーベル賞発表の時がやってきた。世界中のメディアと社会の視線が、この科学の分野において最高の賞を受賞する人へと向けられる」とする一方、「120年近く続いてきた賞だが、近年はますます多くの疑問の声が上がるようになっている」と指摘し、4つの問題点を挙げた。

まず、「一部の選出結果は人々が納得できるものではない」ことを指摘。「受賞者は必ずしもその分野で最も重要な貢献をした人物ではない。一方で、非常に重要な成果を残した科学者や経済学者、作家らは受賞できない。こうした状況は枚挙にいとまがない」とし、例として米国のウイルス科学者であるロバート・ギャロ氏を挙げ、「HIVの研究に重要な貢献をしたにもかかわらず、2008年のノーベル生理学・医学賞は受賞できなかった」と伝えた。

2つ目は、「科学における発見を重視し、科学技術による発明を軽視している」こととした。同氏は「ノーベル賞はもともと『人類への多大な貢献をした人』に贈られるものだった。しかし、関係する賞において科学の発見と関連研究の成果が77%で、技術的な発明はわずか23%だ。実際は、産業革命以降、技術的な発明の人類への影響はより大きい。現代においてはなおさらそうだ」と指摘した。

3つ目は、「評価されるのは10年や20年、あるいは50年前の成果であり、科学の進歩への影響は限定的である」とした。同氏は、ロシア系米国人の経済学者であるレオニード・ハーヴィッツ氏を挙げ、「1960年代にメカニズムデザイン理論の基礎を確立したとして、2007年にノーベル経済学賞を受賞した。受賞を知った彼は、『自分の時代はもう過ぎたと思っていた。ノーベル賞を受賞するにしては、私は年を取り過ぎた』と語っていた」と紹介した。

4つ目は、「ノーベル賞の最大の受益者が、科学や技術そのものではなく、受賞者になっている」ことだとし、「これが最も重要なポイントだ」と指摘した。同氏は「ノーベル賞が受賞者にもたらす巨大な栄誉や権力、利益は、本人がコントロールすることが難しいものである」とし、ノーベル賞によって身を亡ぼした受賞者らが「ノーベル賞シンドローム」と呼ばれているとした。

では、ノーベル賞はなくした方が良いのか。同氏は、「それは単なる感情の発散であり、真の問題ではない」とし、「科学者への社会の注目度は、芸能人やスポーツ選手、金融分野の著名人らへの注目度ほど高くないのが現状だ。ノーベル賞は社会に対して科学技術への関心を呼び起こすという点で、非常にポジティブな作用を持っている。そのため、なくすというのではなく、さらに権威性を高め、人々を納得させるために、どのように改善していくかを建設的に議論すべきだ」と論じた。

その上で、改善策として「世界の科学者や専門家らによって受賞者を決定することで偏った選考を是正」「『ノーベル技術発明賞』を創設し、発見重視を是正」「『ノーベル賞シンドローム』にならないよう(受賞後の)落ち着いた研究環境の確保と、ノーベル賞やその受賞者を理性的に見るよう社会を正しくリードすること」の3つを挙げている。(翻訳・編集/北田

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング