Record China

ヘッドライン:

「ハングルの日」の祝辞も“北朝鮮一色”、韓国ネットあきれる

配信日時:2019年10月10日(木) 12時30分
拡大
9日、韓国・デイリーアンは、「ハングルの日を迎えた韓国で、李洛淵首相が『北朝鮮一色』の祝辞を述べた」と報じた。写真は李首相(韓国国務総理秘書室ウェブサイトより)。

2019年10月9日、韓国・デイリーアンは、「ハングルの日を迎えた韓国で、李洛淵(イ・ナギョン)首相が『北朝鮮一色』の祝辞を述べた」と報じた。

記事によると、同日にソウルの光化門広場で開かれた573周年目の「ハングルの日慶祝式」に出席した李首相は、祝辞で「祖国分断70年が南北の言葉まで変えている」「『キョレマル(=民族語)大辞典』の共同編纂のため、南北は心を一つにしてほしい」と呼び掛けた。

この共同編纂事業は、盧武鉉(ノ・ムヒョン)政権時代の2005年に始まった。南北関係の浮き沈みによって中止と再開を繰り返しており、会議は2015年12月に中国・大連で開催されて以降、開かれていないという。

李首相はまた、「今日、われわれは(ハングルをつくった)世宗大王の意思を改めて肝に銘じなければならない」とし、「民族がハングルで一丸となれるようさらに努力しよう」とも述べたという。

これを受け、韓国のネット上では「韓国内でも地方の方言があるっていうのに、北朝鮮と言語統一できると思う?文政権は口を開けば『北朝鮮』の話ばかり」「また北朝鮮?それなら文大統領を北朝鮮に送って。経済と雇用を良くするとの約束は?」「文大統領から今や首相にまで(北朝鮮熱が)感染したね」など、あきれたようなコメントが大半を占めている。

また、「北朝鮮と統一する前に、韓国が2つに分裂しそう。どうか(政府は)何を優先すべきか考えて」「まずは南(=韓国)が一つになってから南北統一しても遅くはないんじゃない?」「韓国がまとまってるわけでもないのに、なんでこんなことするの?」と、チョ・グク法相の問題をめぐって二分している韓国国内の現状に警鐘を鳴らす声も上がっている。(翻訳・編集/松村)

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

関連記事

ランキング