Record China

ヘッドライン:

韓国・済州島沖の海底から中国・南宋時代の文化財、中国商船が沈没か―中国メディア

配信日時:2019年10月9日(水) 18時20分
拡大
8日、中国紙・新京報のウェイボー公式アカウントは、「韓国・済州島から沖に100メートル地点の海底で、中国・南宋時代の文化財が大量に発見されている」とし、「中国の商船がここで沈没した可能性がある」と伝えている。資料写真。

2019年10月8日、中国紙・新京報のウェイボー公式アカウントは、「韓国・済州(チェジュ)島から沖に100メートル地点の海底で、中国・南宋時代の文化財が大量に発見されている」とし、「中国の商船がここで沈没した可能性がある」と伝えている。

記事が韓国メディアの報道を引用して伝えたところによると、韓国文化財庁はこのほど、済州島の西海岸から沖に100メートル地点の海底で、陶器の破片400点余りと印鑑2顆を発掘した。印鑑には「錦福」の文字と銅銭の紋様が刻まれていて、中国の商人が所有していたものとみられるという。出土品はすべて12~13世紀の中国・南宋時代のものであることが確認された。印鑑と印鑑を入れる箱が一緒に出土するのは韓国で初めてだという。(翻訳・編集/柳川)

【新型肺炎】
リアルタイムで世界の患者数を確認する

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

沈没船「南海1号」、18万点の文化財が発見

国家文物局は6日午前に北京市で、「考古中国」重大研究プロジェクトにおける新たな進捗作業会議を開いた。宋時代の沈没船「南海1号」の保護・発掘プロジェクト、湖北随州棗樹林墓地の重要考古作業成果を発表した。

人民網日本語版
2019年8月7日 18時10分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング