便座を「爆買い」しなくなった中国人観光客、海外消費がより理性的に―中国メディア

配信日時:2019年10月9日(水) 5時10分
便座を「爆買い」しなくなった中国人観光客、海外消費がより理性的に
画像ID  571701
文化・観光部の統計データによると、数年前の中国人による海外での爆買い現象とは異なり、今年の国慶節連休中、海外を訪れた中国人観光客は、旅行の目的として心身のリラックスをいっそう重視する傾向にあった。写真は日本。
中国文化・観光部は7日、「今年の国慶節(建国記念日、10月1日)大型連休期間、全国口岸(出入国審査場)における出入国者数は、1日平均延べ198万人に達した。7日間に海外を訪れた中国人観光客数は延べ700万人を突破し、アウトバウンド市場は盛況を呈し、消費はより理性的となり、落ち着きを見せた」ことを明らかにした。新華社が伝えた。

文化・観光部の統計データによると、数年前の中国人による海外での爆買い現象とは異なり、今年の国慶節連休中、海外を訪れた中国人観光客は、旅行の目的として心身のリラックスをいっそう重視する傾向にあった。便座や風邪薬、電気釜などの商品を爆買いした上、帰国の際には購入商品をミニコンテナで持ち帰るような姿は滅多に見られなくなった。

今年の国慶節連休中、中国人の間で人気が高かった海外旅行先はますます分散傾向にあり、ただ闇雲に海外旅行をする人もますます少なくなってきている。日本、タイ、マレーシア、シンガポール、オーストラリア、フランス、イタリア、ロシアなど以前からの人気目的地のほか、チェコ、オーストリア、ハンガリー、スロバキア、ポーランド、クロアチア、マルタ、カンボジアなどマイナーな旅行先へのツアーのオンライン予約量も前年同期比二桁を超える伸びを示した。(提供/人民網日本語版・編集/KM)
※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【レコチャコンサル】
あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • アメポ***** | (2019/10/09 22:53)

    まあ、あんだけ爆買いしたんだから、そろそろ国内に「物」が足りて来たって事なんじゃないの。 あと、中国国内の企業が技術力と共に「信用度」を上げて来てるって事もあるかもね。結構、ユーザーの評価を真摯に受け止めて「良い対応」をする企業が増えて来てる気がする。 逆に日本企業はいよいよダメになってきてるね。商品のクレーム(当然ながら正当なもの)を入れてもコールセンターに丸投げで不満解消には至らないし、責任者と話し合う事はまず出来ない。初期不良なんかも下手すれば泣き寝入りだ。 言ってみれば、中国企業はかつての日本企業にジリジリと近づいてきてるが、日本企業はかつての中国企業に近づいている。特に通信関係はもうダメだね。どことは言わんけど。 CMに使う金があるんなら、顧客満足方に回せばいいのに。現状3社で客を奪い合ってるんだからさ。やったもん勝ちになれるんじゃない?
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事