Record China

ヘッドライン:

中国高速鉄道は「追う立場」から「追われる立場」に―中国紙

配信日時:2019年10月10日(木) 8時20分
拡大
2019年10月7日、中国紙・深セン商報は、「中国高速鉄道は『追う立場』から『追われる立場』になった」とする記事を掲載した。以下はその概要。

昨年末、中国高速鉄道の開通距離は世界全体の3分の2以上を占める3万キロに達した。350キロという営業運転の最高時速も世界1位だ。新中国成立からの70年間で中国の鉄道は「追う立場」から「追われる立場」へと華麗な変貌を遂げた。先進国が数百年かけて通った道を数十年で駆け抜け、中国の高速鉄道技術はあっと言う間に世界の先頭集団の仲間入りをした。

70年前の中国の鉄道はまるで「万国機関車博物館」だ。多くの国、多くの工場から来た機関車は大きくて動きが鈍く、北京-上海間は最速の列車でも30時間を要した。交通輸送は非常に立ち遅れており、政府はこうした状況の中、「交通輸送を回復させるための基本条件をまず整備する」ことを明確に打ち出した。「交通先行」の理念はその後の各政策に受け継がれ、さまざまな輸送方式が突破的な発展を遂げた。2003年、中国は「先進技術の導入と自主イノベーションの緊密な結合」という高速鉄道開発の道を歩み、わずか5年で「高速鉄道時代」を迎えた。

情報技術、自動制御技術、新素材などさまざまなハイテク技術が組み合わされる高速鉄道は1960年代の日本を皮切りに欧州の国々に広まって行った。中国の「和諧号」は通常、2007年4月の第6次高速化計画後の列車を指す。「和諧号」は自主イノベーション戦略の全面的実施で得られた重大な成果だ。「和諧号」は中国の鉄道旅客輸送設備の技術レベルが世界の先進水準に達したことを示し、中国は時速380キロの高速鉄道車両を自主研究・生産できる国となった。

そして「復興号」は中国の鉄道に新たな時代を切り開いた。12年以降、中国鉄路総公司(現在の中国国家鉄路集団)主導の下で開発作業が進められ、17年6月25日に「復興号」と正式に名付けられた新型車両は翌26日に北京−上海間で運行を開始。「復興号」は時速350キロでの運転を実現し、中国は再び高速鉄道の営業運転速度が世界最速の国となった。

世界に中国高速鉄道ほど長い営業距離を持つ国はない。中国のように「1日の間に夏と冬を走り抜けられる」運行環境を持つ国はなおのこと存在しない。中国の広大な国土、激しい気温差などの運行条件を踏まえ、「復興号」では60万キロに上る運行テストが重ねられた。16年7月の時速420キロでのすれ違い実験では高速鉄道のすれ違い速度の世界新記録を樹立。「復興号」は今、国内の多くの都市と都市とを結んでいる。(翻訳・編集/野谷
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

関連記事

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング