Record China

ヘッドライン:

韓国の9月の日本車販売が前年同月比で約6割減―韓国メディア

配信日時:2019年10月8日(火) 6時10分
拡大
6日、中国メディアの観察者網は、韓国・聯合ニュースの報道を引用し、韓国の9月の日本車販売台数が前年同月比で約6割減となったと伝えた。資料写真。

2019年10月6日、中国メディアの観察者網は、韓国・聯合ニュースの報道を引用し、韓国の9月の日本車販売台数が前年同月比で約6割減となったと伝えた。

記事は、韓国輸入自動車協会(KAIDA)が4日、日本車の9月の新規登録台数は1103台で、前年同月比59.8%減になったと発表したと紹介。「韓国で日本製品ボイコットが始まった7月は(前年同月比で)17.2%減、8月は56.9%減と減少し続けている」と記事は指摘した。

今年に入ってからの累計販売台数は、9月までの時点で2万8657台となり、前年同期比6.1%減となったという。

記事はまた、「先月の輸入車市場に占める日本車の割合は5.5%に過ぎず、前年同月(15.9%)の3分の1にとどまった」と説明。1~9月の累計では17.2%と前年より高くなっているが、これは、輸入自動車の中でドイツ車の比重が減少し、レクサス(トヨタ)などの日本車の販売が好調だったことが関係しているとの分析があると伝えた。

ブランド別にみると、トヨタは374台(前年同月比61.9%減)、ホンダは166台(同82.2%減)、日産は46台(同87.2%減)だった。レクサスは前年同月比49.8%増(469台)となったが、前月比では22.2%減。インフィニティ(日産)は前年同月比69.2%減の48台だった。(翻訳・編集/山中)

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

「日本車だから傷つけた」韓国の医師が器物損壊で逮捕=韓国ネット「愛国じゃない」「おかしな不買運動」

25日、韓国・聯合ニュースによると、日本の対韓国輸出規制強化を受け韓国で大規模な日本製品不買運動が行われている中、「日本車だから」との理由でゴルフ場に止められていた車に傷をつけた50代の医師が逮捕された。写真はレクサス。

Record China
2019年8月26日 20時40分
続きを読む

ランキング